2011年12月2日

切開は小さく、検査や薬も少なく

外科の名医は切開が小さい。もちろん、必要な時には大きく切開する。必要最小限の切開で手術をする。内科の名医は検査が少なく薬も少ない。もちろん、必要な検査は漏れなくするし、大切な薬を出し忘れることはない。どちらにしても、必要最小限で済ますのが名医の条件だろう。このことは、わりかし皆に同意してもらえると思う。

精神科でも同じことが言えるはずで、患者全員の心に最大限の切開をして、心の苦悩やトラウマを暴き出すのは名医とは言えない。話を軽く短く聞いても、それで患者がスッキリして、日常生活をそれなりに送れるようになれば、それで充分に名医なのではないか。

ところが、自分の周囲の人たちの意見を聞いていると、患者の話を徹底的に聞いて、心の中を探りまくるような、そんな精神科医が良いと思われているようだ。

あなたがもし精神科にかかっていて、「医者に話を聞いてもらえない」と憤っているとしたら、その憤りの理由は、「話を聞いてもらえないから」ではなく、その医師と相性が合っていないからかもしれない。サラッと、短くしか話を聞かないのに、多くの患者から慕われ信頼されている医師もいる。

成分はほとんど一緒でも、体に合う薬と合わない薬がある。それと同じで、自分に合う精神科医とそうじゃない精神科医がいる。ドクターショッピングとの線引きは難しいが、自分に合う精神科医を探すというのも大切かもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントへの返信を一時中止しています。
一部エントリでコメント欄に素晴らしいご意見をいただいており、閲覧者の参考にもなると思われるため、コメント欄そのものは残しております。
また、いただいたコメントはすべて読んでおります。