2012年1月7日

家族が突然に興奮して暴れ出したら、救急車よりも先に警察へ通報をするべきだ

「子どもが暴れている」とか、「女房が刃物を持ち出して」とか、そういうことで精神科に連絡してきたり、救急車要請したりする人は結構多い。そういう状況は、まず警察に連絡して欲しい。精神科医も看護師も消防隊員も、刃物相手に戦う手段を持っていない。警察には銃も警棒もあるのだから、手がつけられないくらい暴れていたら警察の出番だ。

家族から保健所に通報があって、駆けつけた保健師が玄関に入るなり、待ちかまえていた患者から包丁で刺されて死亡したケースもある。だから、往診する場合には、家に入る前にまず患者がどこにいるかを家族に確認するのが重要と教わった。家族が通報後に避難して家にいない場合、非常に危険なので家に入ってはいけない。

あるとき、若い患者の父親が涙ながらにこんなことを言っていた。

「息子がナタを振り回して暴れはじめたので警察を呼んだ。そしたら、警察が土足で入ってきて、息子を取り押さえた。家に土足であがられたことが悔しくて悔しくて、涙が出た。それ以来、もう警察は嫌いで呼ばないようにしている」

気持ちは分からないでもないが、警察の対応は当然だ。相手がナタを持って興奮しているのに、靴脱いで上がるなんて考えられない。家族が落ち着かせきれなかった相手を、身をもって抑えないといけないんだから。そして、この父親は警察を呼ぶ代わりに、次からは救急車を呼ぶのだろう。あるいは保健所や精神科に連絡してくるか。土足が嫌だったという理由で、矢面に立たされるのが我われ非武装の医療従事者。これはたまったもんじゃない。

徹底的に周知してほしいのだが、仮に精神科通院歴があったとしても、暴れて手がつけられない場合には、救急車ではなく、まずは警察に連絡するべきだ。

6日午後10時25分頃、大阪府大阪狭山市消防本部に「別居している息子の様子がおかしい」と父親から通報があった。
救急隊員3人が救急車で同市西山台の府営住宅に駆け付け、うち1人が部屋を訪ねたところ、住人の男(46)が突然、玄関先で隊員を蹴るなど暴れ出した。男はギターを振り回して路上まで隊員を追い掛け、救急車の後部ドアのガラスをギターでたたき割るなどし、隊員らが車を離れたすきに運転席に乗り込んで救急車を奪った。
さらに、同市内で信号待ちをしていた乗用車に追突する事故を起こしながら、和歌山方面へ逃走。府警などのパトカーが追跡、約1時間20分後、約60キロ離れた和歌山県広川町内で停車させた。救急隊員2人が軽傷の模様。同県警は、男を強盗致傷容疑で緊急逮捕した。
(2012年1月7日03時04分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120107-OYT1T00110.htm

0 件のコメント:

コメントを投稿