2012年5月5日

家族生活スタート!! → 落ち込む……

IMG_2143
平成24年5月4日、サクラがついに我が家へやって来た。移動の間中はご機嫌に眠っていて、俺の実家でもお利口にしていて、飛行機でもグッスリだったのが、慣れない家だからか、とんでもない大泣き。ちょうど妻は風呂に入っていて、俺が一生懸命あやすも泣きやまず。今までにこんなに泣いている姿を見たことがなかったので、オロオロ……。いつも妻の実家に行くときにはお利口にしていて、
「パパがいるとご機嫌」
という感じだっただけに、これにはショックを受けて落ち込んだ。



IMG_2150
その後は妻の慣れた抱っこのおかげもあって落ち着きを取り戻し、いつもの可愛らしいサクラに戻ってくれた。夜は夜で時どき泣いていた。妻が素早く起きてオムツ交換をしていて、俺も起きようとしたら、
「いいよ、寝てて」
と言われ、そんなわけにはいかないと思いつつ、睡魔に負けて起き上がることができず……、申し訳ないと感じつつ妻の肩を寝ぼけ眼で揉むに留まった。日中の家事をなるべく手伝わないと、こりゃ埋め合わせができないぞ。



IMG_2145
今日は俺の37回目の誕生日でもある。サクラと妻のおかげで、良い誕生日を迎えることができた。小さなケーキも買ったし、今夜はいろいろな意味でのお祝いをしようと思う。



IMG_1806
太郎との顔合わせも今日の昼に行う予定。

8 件のコメント:

  1. おめでとう。
    記念すべき誕生日ですね。
    ずいぶん顔が変わりました。早い早い!^^。

    返信削除
    返信
    1. >佐平次さん
      ありがとうございます。
      確かに顔はだいぶ変わったように思います。
      体はもっとです!!

      削除
  2. 奥様の頑張り具合、身に染みましたか??
    急にいい父親にはなれませんから、無理せず、少しずつイクメンになりましょw

    あ、お誕生日おめでとうございまーす。

    返信削除
    返信
    1. >あっこ
      いやー、妻の凄さには脱毛、じゃない、脱帽ですw

      削除
  3. ししとう432012年5月6日 2:44

    お誕生日おめでとうございます。
    奥さん、メガネっ娘なんですね。
    メガネフェチσ(^_^)アタシ

    返信削除
    返信
    1. >ししとう43さん
      ありがとうございます。
      視線、そっち行っちゃいますかw

      削除
  4. さくらちゃん可愛いですね。
    さくらちゃんはまだ赤ちゃんですが、子供の頃の無邪気さはとても重要な感情のようですね。
    子供の頃の無邪気さ=潜在意識・直観力・無限の発想・魂が成長している状態です。つまり波動が高い状態です。
    それが成長するに従い、人間界で作られたしつけや社会的常識を脳に植え込まれることにより、波動が下がっていきます。
    人間界で作られた書物を読み漁ることも、波動が下がっているような気もします。
    人間には当然の感情的というマイナスエネルギーを作り出し、あらゆる病気を発祥させているようです。
    しかしそれらは沢山の人生経験をしないと、魂が再び成長出来ないので、それぞれの人達に存在している魂が、望んでいる人生課題です。
    5月2日の「ほんまでっか!?TV」を録画して観ましたが、「間違いだらけの育児法」でした。
    ・生後6ヶ月で言葉の意味を理解する・鏡もわかる
    ・10ヶ月でテレビと現実を見分けられる
    ・赤ちゃんの言葉を成長させるためには14ヶ月に父親母親がジェスチャーを使うと ボキャブラリーが2倍になる
    ・子供に2歳までに動くものを見せる、声をかける、音楽を与える そうすると子供の脳はどんどん発達する
    「ほんまでっか!?TV」での放送内容が全て正しいとは思いませんが、先生はさくらちゃんの誕生により、沢山の学びを得るのでしょうね。
    先生はまだまだお若いので、これからも沢山の人生課題がありそうですね。
    太郎君もとても可愛いです。
    いつもブログを楽しみにしています。またお邪魔しますね。

    返信削除
    返信
    1. >あこさん
      ありがとうございます。
      ほんまでっか、はあんまり信用しないのですが、ご紹介していただいたものは興味深いですね。今のところ鏡は分かっていなさそうです。まぁまだ2ヶ月ですもんね。たくさん話しかけて、遊んであげようと思っています。

      近々太郎の写真もアップ予定です!!

      削除

コメントへの返信を一時中止しています。
一部エントリでコメント欄に素晴らしいご意見をいただいており、閲覧者の参考にもなると思われるため、コメント欄そのものは残しております。
また、いただいたコメントはすべて読んでおります。