2012年7月24日

ツイートまとめ <イジメ関連>

イジメする奴はムカつく、隠蔽しようとする校長もムカつく、校長に加担する教育長もムカつく。ムカつくから叩く、潰す、晒す。自分だけじゃない。みんな叩いているし、みんな批難している。だから正義なんだ。でもこれって、イジメっ子の心理だよ。
世の中には世論を味方につけないと戦いきれない巨大敵がいる。でもイジメの加害者も校長も教育長も中身はただの一市民。マスコミは、対戦相手を間違えているのか、敢えて他の大切なことから世論の目を逸らしているのか。イジメ自殺は、毎年あっているはずなんだけどね……。なんで今このタイミング?
中学生が自分の貯金を万単位で引き出せる家庭教育は、放任じゃなく放置だ。中学生が何十万円も脅し取られていたなら、親はそれに気づくのはもちろんのこと、もっと早くに、もっと強硬に対応しないとダメだ。担任に相談したなんて免罪符にならない。
いじめられている子はプライドもあるし、親に心配をかけたくないというのもあるし、なかなか家族にSOSを出せないんだなんて言う人がいる。しかし、バレるように金を盗ることがSOSじゃなくてなんだというのだ。
自殺した中学生が、イジメだけを苦にして死んだと思う人が多すぎる。結論ありきで、もはや制御不能。亡くなった彼の心情心理に本気で思いを馳せたら、イジメだけをクローズアップはしない。
小学生が万引きしたら、「親へのSOSだ」なんてドラマやマンガでやってるのに、現実社会では中学生が親や親戚から数十万円盗んでも、本当のSOSには気づいてもらえないんだね。
イジメによる自殺を減らすための議論に、親や家庭環境という要素を加えないなら、無意味どころか有害でさえある。

0 件のコメント:

コメントを投稿