2012年7月26日

ツイートまとめ

大人は子どもに法律を守ることを教えると同時に、法律に書いていなくても守らなくてはいけないことがあることも教えないといけない。「法律で禁止されているからダメなんだ」という理由は、大人同士の会話ならともかく、親が子どもを躾ける言葉としては情けない。
大人はそれぞれが、法の許す範囲で自由に楽しみを追求できる権利を持っていると同時に、すべての子どもの未来を預かり、より良い未来を手渡そうと努力する義務があることを忘れてはならない。
あなたが、ある法律の内容がおかしいと思っているとする。もし仮にその法律を犯した人が逮捕されたとしたら、そのときにあなたがあげるべき声は「何が悪いか分からない」ではなく、「その法律がおかしい」ということを主張の中心に据えるべきだ。法を犯すことは悪い、この前提は分かっていないとダメ。
正解のない問題について議論するとき、AとBという対立する意見があったとして、それぞれに自分の主張こそが正しいと信じていれば、AにとってBは詭弁だし、逆にBにとってのAは詭弁だ。だから俺は、一部例外はあるとしても、基本的に人の意見に「詭弁だ」とは言わないようにしている。
医師、という人種はいない。医師、という職業があるだけだ。 

0 件のコメント:

コメントを投稿