2017年9月11日

子育てに悩んでいる親・先生へ 『いじめと不登校』 後編


不登校について。
学校に行っているから別に偉いともいえないし、逆に悪いともいえない。学校へ行かない子というのは親を変えようとするだけのパワーを持っているんです。私らはいつもそう思うから、それを尊重しようと思うのです。
なるほど、言われてみたら確かにそうかもしれない。逆に考えると、親を変えるパワーがなく、心の中で死ぬほど苦しみながらも顔では笑って、元気そうに学校へ通っている子がいるのだろう。

不登校の子どもたちを抱える学校への助言。
ともかく悪者をつくろうとしないことです。
登校拒否の子は悪くないといったら、今度は教師が悪いとか、親が悪いとかいいますが、そんな悪者はひとつもつくる必要はない。大事なのは、子どもの姿をもっと見ようとすることです。(中略)それはやはり一人一人が見えていないといけない。
数学を教えていても、数学の知識を教えるということだけをやっていたらだめです。教室の外で接したり、話したりしていると、やはり一人一人違うんです。数学ができる子、できない子という軸以外の見方をぼくはしているわけで、そういうふうな反応がこちらから出たりすると、向こうも、この先生は自分を見てくれているんだと分かるんです。たとえば数学ができなくてポーッとしている人でも、「このあいだ、お前、よう走っていたな」とか言うと、それだけでも変わってくる。
簡単そうで、単純そうで、でも実際にやるとなると日々の業務に忙殺されそうで……。

不登校相談に来ていた子どもが、筆者らと遊ぶ中でだんだんと元気になってきて、筆者はもう少し来て欲しいなと思っているのに、母親は、「もうよくなりましたから今度でやめます」と言う。
そして、最後の日に、治療者の人が「もう今日で終わりやねぇ。元気で明るくサヨナラしようね」と言うと、子どもが首を横に振るんです。それで、あ、この子はまだ来たがっていると思ってうれしくなって「どうするの?」と聞いたら、「小さい声でサヨナラしよう」と言うんです。別れるときに、なんで元気で明るい声を出さなければいけないのか。
大人の常識というのは知らんまにそうなっているんです。
大人の常識。自分にもきっと、知らない間にそういう「常識」がしみ込んでいるのだろう。時どきは、こういう本を読んで、頭を雑巾みたいに絞って、余計な常識を出さないといけないのかもしれない。

対談の中からいくつか引用。
如月 キレないと本音が出せませんものね。
河合 でもね、ずーっとためててキレて出したものは本音じゃないんです。
怒りを表現してるのではなくて、怒りにやられているわけだから。子どもは犠牲者になってる。
「あの子、嫌いや」とか「腹たつ」というのを、「そんな、悪いこと言っちゃいけません」と小さいときから妙にコントロールしすぎています。それが、思春期になって親のコントロールをはずれたとたんに、なんでも「むかつく」と言い出すわけです。小さい時からムカつく練習をしてない。しかも、子どもが「むかつく」と言っても、お父さんが「やかましい」と怒るようなこともないから、「親父が本気で怒ったらたまらんわ」という経験もしてない。親は「そんなふうに怒ったら、心に傷をつける」と無用な遠慮をする。
「心に傷をつけんと、誰が成長するか」と僕は言いたいんですけど。
心の教育といって、すぐ教えることを考えないでほしいんです。とりわけ心の教育というのは、育てるとか育つとかの「育」のほうが大事なんで、「教」は関係ないんです。教えることは心つぶしになってしまうんです。
最後に、治療者として、いや、人として親として、こうなれたら良いなと思えた一節を引用して終わる。
夜道を一人で歩いてたら、お化けがいっぱい見えますけど、非常に強い人が端におってくれたら、ススキはススキに見える。その人があれはススキですよ、お月さんですよ、と言わなくても、ちゃんと見えてくる。それと一緒で、わかっている者が端についているというのは重要なことなんです。
いじめによる自殺がまた世間を騒がせている。そんな今だからこそ、というわけでなく、常に心に留めておきたい、お勧めの一冊。こんな良い本が600円もしないのだから、買わない手はない。

<関連>
子育て・教育に悩んでいる親・先生へ 『いじめと不登校』 前編

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントへの返信を一時中止しています。
一部エントリでコメント欄に素晴らしいご意見をいただいており、閲覧者の参考にもなると思われるため、コメント欄そのものは残しております。
また、いただいたコメントはすべて読んでおります。