2012年8月22日

ツイートまとめ

遅刻常習者は「もう少し寝たい」とか「これ見終わってから」とか「ここまで読んでから」とか、相手より自分の時間や都合を優先して大切にする人。だから逆に自分が待たされることには異常に厳しい。
寝坊して遅れそうなら、起きた時点で遅れると連絡するべきだ。10分遅れる場合、待つ方は約束の5分前に連絡されても待ち合わせ場所から動きにくいが、30分前に連絡を受けたら寄り道しながら待ち合わせ場所に向かえるのだから。
待ち合わせに遅れそうな人は、遅刻連絡をする際に遅れる時間を短めに言いがちで、結局それより長く待たせてしまう。本当に悪いと思うなら、長めに伝えて待ち合わせ場所以外でゆっくりしてもらい、着いたら自分が待てば良い。
赤ちゃんの成長を毎日真剣に観察していると、泣き方なり動き方なり表情なり、日々新たな技を習得していることに気付く。それは同時に、自らの親としてのスキルの向上でもある。
第1子が3才なら、自分も親として3才、とよく言われる。では、第2子が1才なら?「自分は親として3才」と考えるより、「2人の子をもつ親として1才」と気を引きしめるほうが良いと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿