2012年8月28日

ツイートまとめ <イジメ関連>

表に出てくるイジメの加害者を徹底的に叩くことで、今ある他のイジメが減り、今後のイジメもなくなるのなら無邪気にそれだけやっていれば良いが、実際にはそれでもなおイジメられる人はいるだろうし、彼らがどうやったら逃げられるか、死なずに済むかを同時に考えなければ片手落ちだ。
暴行・恐喝系のイジメがやたらクローズ・アップされて、「犯罪だからやめよう」「大人と同じ厳罰が必要」とかそういう議論が多いけれど、「シカト」というイジメがあるのをみんな知らない? それで自殺に至る人もいるが、シカトは犯罪ではない。犯罪・厳罰という指導は大切だが、限界があるよ。
イジメに関して、「子どもも大人と同じように厳罰に処すべき」という意見があるが、それは同時に「大人も子どもと同じように厳罰に科されないといけない」ということ。DV、虐待、風評被害、会社内イジメなんてものを大人が持て余しているのに、子どもにだけ厳罰をなんて、大人の身勝手だよね。
イジメを減らし、イジメによる自殺を防ぐために必要な教育や指導を学校に丸投げしてはいけない。では、誰が関わるべきなのか。 家族? いや、ちがう。 あなた、だ。
昼間の手抜きのしわ寄せは夜に来る。病棟も、外来も、家事も、教育も。

0 件のコメント:

コメントを投稿