2012年8月27日

ツイートまとめ <イジメ関連>

「あいつらは悪いことしたんだから、みんなで徹底的に晒して叩いて追いこんで良い、自業自得だ」という考えは、イジメっ子どもが「あいつはキモいんだから、みんなで~」というのとほとんど同じ次元。
ツイッターで議論したら、攻撃は最大の防御、ってのがよく分かる。やたらに攻撃的な人って、必死で自分のプライドなんかを守っているよね。だから議論にならない。
「イジメ自殺の被害者が可哀そうだから、加害者の個人情報を晒し叩き追いつめるんだ」という人の中で、被害者の家に花の一つでも送った人っているの? 「加害者が憎い」=「被害者へ同情」 ではないよ、決して。
イジメ自殺について、みんな加害者の個人情報は晒そうとするし、いろいろ知りたがるけれど、被害者の趣味とか好物とか、そういうのには興味なさそうだよね。加害者への攻撃と同じくらい、被害者の冥福を日々祈っている人ってどれくらいいるんだろう?
原子爆弾が落とされたことについて、加害者としてアメリカを責めることより、被害者を悼むことを大切にしている日本人。でも、最近の風潮として、被害者は置いてけぼりのまま、加害者糾弾にみんな躍起になっている。

2 件のコメント:

  1. Ciao willwayさん
    攻撃は最大の防御 と聞き
    つい思い出してしまうことがあります

    私は、猫を去勢しません
    それは自分でマネージできると思ってるからで、
    それが私の動物の寄り添い方であり、去勢する人にはそれなりの思いがあってやってることと理解してるので、同意はしないけど非難もしません
    この去勢賛成の人に、私はやたらと目の敵にされます
    そして、私の「動物はこうしてくれと言えないから、それぞれがよかれを想像するしかないんじゃない?」 という静かな反論に 猛烈に反応してくる
    その反応の激しさに異常なものをいつも感じるのです
    そして最終的に思ったのは、もしかしたら私のやってることが多かれ少なかれ、彼らの良心の呵責をあおっているのではないか?と
    そうじゃなかったら、あそこまで攻撃的になる必要などないと思うのです

    被災地関係にしても然り
    何もやらない人を責めてるわけではないのに、
    異常に噛みついてくる
    訳わかんないんですけどね 苦笑

    このweb上での異常な攻撃って
    自分の姿があらわにならないからこそ、やってる できることなんではないかと ふと思います
    だから、ずるいなと
    ただ人を非難する人ってのに、私も大いに疑問を持ってるところなのです

    返信削除
    返信
    1. >junkoさん
      あー、まさに攻撃は最大の防御の例ですね。去勢に関しては、うちの太郎もしていませんが、強烈な主義主張があってのことではありません。かといって、なんとなく、でもないんですけれどね。

      で、web上での攻撃の凄さなんですけど、あらゆる事象に関して言えますね。怖いよなぁって思います。人間って思ったり考えたりしているだけなら、それは自分の無意識下で処理されちゃうもんなんですけど、具体的に口に出したり文字にしたりすると、それがしっかりと意識されちゃうんです。言霊とはよく言ったもので、ほんと、言葉にすることで意識上に出てくるから、web上の罵詈雑言は怖いなぁと思います。

      削除