2012年9月6日

ツイートまとめ <イジメ関連>

イジメの原因はコレだ!と決めつけちゃうと、その他の要素に目がいかなくなりそう。
子供たちに、イジメはダメ、というルールやモラルを教えようとしている大人が「他人の個人情報を無断でネットに出しちゃいけないルールやマナーはあるけど、これは例外」なんて、もう情けなくてたまらない。だったら、ルールやマナーを変える運動が先じゃない?
イジメ問題で議論するとき、欠けているものはなにか。それは当事者意識。教育機関や司法機関に対する不満や改善案は山ほど出るのに、自分がどうするか、皆がどうしたら良いかの話が100%抜けている。
『イジメを減らすために』 教師や教育委員会には言いたいことがたくさんあるでしょう。で? 自分は何するの?
イジメやイジメによる自殺を減らすための議論は、「自分たちに何ができるか」を考えないと。厳罰や個人情報晒しが正しいという結論でも良いけど、その結論を実現させるために「私」が何をするかを考えることが大事。

0 件のコメント:

コメントを投稿