2012年9月11日

カニは横に歩く 自立障害者たちの半世紀


カニは横に歩く 自立障害者たちの半世紀
70年代。「日本脳性マヒ者協会青い芝の会」という障害者の運動団体が、差別反対を旗印に関西や関東で施設や行政機関、バスを占拠した。歩ける者は少数で、車イスに乗った重度障害者がほとんどだった。彼らは占拠した施設内の事務所にある書類をびりびりに引き裂き、そこに証言をひっかけた。また、何十台ものバスに乗り込んで立て籠もったり、道路に寝ころんだりして半日ほど交通をマヒさせた。
(中略)
何をしても罪に問われなかった彼らの行動は、時代にエスカレートしていった。
こんな文章から始まる本。なんとまぁ過激な時代があったものだ。これは戦いの記録で、その戦いには障害者だけでなく、彼らに関わった介護者たちの戦いも含まれている。俺が健全者だからだろうか、障害者より介護者の目を通して戦いを読んだ。

1972年、新大阪駅にて。
脳性マヒの障害を持つ横塚は、駅構内の階段を一段降りるごとに両足をそろえ、体勢を整えていた。
当時、エスカレーターもエレベーターもなかった。おぼつかない足取りを端から見ていた出迎え役の河野は、「横塚さん、風呂敷を持ちましょうか」と言うやいなや、素早くそれを取り上げた。その途端、横塚はバランスを崩し、階段から転げ落ちそうになった。咄嗟に河野が体を入れ、体勢をとどめることはできたものの、タイミングが悪ければ一大事になっていた。
目的地の事務所に到着後、横塚は河野に向かって言った。
「河野さん、人にはそれぞれのリズムがある。それを奪われたら生きていけないのだよ。君は今日、僕のリズムを奪った。僕が必要とする援助は、僕のこととして君に要請するから、それに応えてくれるだけでいい。そうでない援助は、僕を損なうから、断る。障害者は常にそのことを言っているのに、それに応えることなく、余計な援助が押し掛けてくるんだ。それは抑圧にしかすぎないんだよ」
養護学校に入学した脳性マヒ者が、最重度の障害者であったため、その学校の中でイジメにあった。同級生は、こんなことを言っていた。
「僕らは普通校でいっぱいいじめられてきたからいじめ返さな」
負の連鎖というのか、あるいは別の言い方があるのか分からないが、なんとなく身につまされる話である。

養護学校ができて、普通学校の特殊学級から転校した生徒の母親は語る。
「(普通学校は)差別が激しかった。先生から差別されよったもん。養護学校ができた時にねえ、小学校の校長先生が『片輪が出て行ってすっとした』て言わはった」
当時、特殊学級の児童は表門から登下校することは許されず、裏門から出入りしなければならなかったという。今では考えられない、あからさまな差別である。
上記は1960年ころの話だ。今から50年前、こういう時代があったということは知っておいても良いだろう。この母親の話はまだ続く。
母親は、開校した養護学校で、初めて開かれた運動会が忘れられないという。
「前の日に親たちは子どもがケガせんように運動場の石ころを拾った。草も引いて。おしゃべりしながら。校長先生も一緒にするん。翌日の運動会は、みんなで玉入れした。機能訓練の成果で、寝たきりやった子が地面に座ってでも玉を入れれるようになった。その時はね、先生も生徒も親も泣いた。嬉しいて、みんな泣いた」
みんなの頬をつたった涙は、嬉しさと悔しさが入り混じったものだったのかもしれない。
脳性マヒ者と精神科医は接点が多いと思う人がいるかもしれないが、実のところ、会う機会はそんなに多くない。数人だけ脳性マヒ者で精神疾患にも罹ったという人を診たくらいだ。だから、この本は色々なことを知るのに良い機会になった。

筆者は健全者であり、部落出身者として部落問題に関する本も書いている。彼の障害者を見る視点は時に辛辣とも言えるほど客観的で、だから読んでいてすごく親しみが持てる。ちょっと高いけれど、お勧めの本。


<参考>
徹底追及 「言葉狩り」と差別
ちびくろサンボよすこやかによみがえれ
カニは横に歩く 自立障害者たちの半世紀
放送禁止歌
差別用語って何だ!?
被差別部落の青春
逃げられないから、隠れて生きる
忌むべきてんかん患者、それが私です

3 件のコメント:

  1. 差別しないということについていろいろ教えられることの多い本でした。

    返信削除
    返信
    1. >佐平次さん
      自分の中にある「差別心」というものに気づかされることも何回かありました。明快な答えはないけれど、やっぱり「別の視点が存在するという視点を持って考える」というのは大切だなぁと思いました。

      削除
  2. 同感です。

    返信削除