2013年3月21日

PowerShot G15にした理由

PowerShot G15
じわじわと値下がりし、ついに3万円台に突入した。給料以外の収入(アフィリエイトその他)をコツコツと貯めて購入。

現在いろいろなカメラがある中でキヤノンを選び続けているのは、1995年に買ったのがキヤノンの一眼レフだったからというだけの理由。慣れているので使いやすい。現在のメイン機はEOS 6D。これはかなり大きい出費だったが、その性能は文句なしの後悔なし。

これまでサブ機としてPowershot S95を使っていた。これはこれで良いカメラだと思うが、いかんせん数世代古い。ある日、知人から最新のS110を触らせてもらったら、その進化っぷりに痺れた。特にフォーカスの速さが素晴らしかった。S110はかなり小さいし、今でもお勧めの一品ではある。
PowerShot S110

だが、もう少し写真で遊びたいという人には、断然G15をお勧めする。

俺がサブ機に求める性能は主に2つ。明るい望遠とマクロ撮影だ。メイン機がつけっぱなしの50mm単焦点一本勝負なので、望遠と近接撮影ができないのだ(上野動物園で悔しい思いをした)。ズームレンズやマクロレンズに付け替えるのは面倒だし、単焦点の軽さや写りが好きなので、このスタイルを変えるつもりはない。

そこでこのG15だが、望遠端でもF2.8。これは簡単に言えば、遠くのものを望遠で撮ってもブレにくいということ。それからマクロ撮影で1センチまで寄れるというのも素晴らしい。例えばこんな感じの写真が撮れる。
IMG_0071

その他、届いた直後に撮ってみた写真を何枚か。

IMG_0062

IMG_0063

IMG_0065

IMG_0081
これはトイフォト(の中でも青)の写真。

また、レンズが収納タイプというところも良い。レンズキャップを付けたりはずしたりするのは一眼レフだけでお腹一杯だ。このG15はジーンズのポケットは無理だが、コートのポケットになら入る大きさだし、夏場はショルダーバッグを持ち歩くので問題なし。一眼レフを飲み会に持っていくのは嫌だったが、これなら気軽に持っていって撮れる(酔った俺が実際に撮るかどうかは別の話)。

紹介した他にも遊べる機能が満載。俺の求めるサブ機としては最高レベルと言って良い。また、一眼レフを買う予定のない人にとっても、メイン機として十分に推薦できる。ミラーレス一眼を買うくらいなら、こちらのほうが良いとさえ思うほどだ。

難点はデザインで、俺は嫌いじゃないが女子には不人気だろう。実際、うちの妻も嫌がっている……。確かに、もう少し良いデザインがあるような気もする……。

0 件のコメント:

コメントを投稿