2014年6月16日

1ヶ月ぶりのサクラ

約1ヶ月ぶりに妻子と対面してきた。
IMG_8489
(写真は平成25年12月11日)

この1ヶ月間、時どきスカイプで喋ってはいたけれど、やっぱり生サクラは楽しい!!

6月11日の22時半くらいに妻の実家に到着した時には、すでにサクラは夢の中。俺も疲れていたのですぐに横になって寝て、翌朝いつものように5時過ぎに起きて、寝ているサクラを眺めていた。

どれくらいそうしていただろうか、ふっとサクラが目を開けた。

そして俺と目が合った。

キョトン……、それから寝ている妻のほうを向き、改めて俺を見て、また妻を見て、ふたたび俺を……、そうやって何度か見比べた後、妻に向かって、

「あぇ?」

そう言ったかと思うと、急に泣き出して妻のふところに飛び込んで行っちゃった(笑) 仕方がないのでリビングに行って読書していたら、廊下の向こうの寝室からサクラの声が聞こえる。

「ママ、いっといぇ(行っといで)、ママ、いっといぇ!」

「照れずに、サクラが自分で行けばいいでしょ(笑)」

「ママ、いっといぇ!」

リビングから顔を出すと、サクラも寝室からこちらを見ている。

「おはよ」

そう声をかけると、サッと引っこんで行ってしまった。そしてまた、

「ママ、いっといぇ!」

どんだけ照れ屋だよ(笑)

IMG_8497
(写真は平成25年12月12日)

そういう流れで始まった父娘の4日間。1ヶ月間で心身ともに成長しており驚かされた。サクラの一挙手一投足を見ては喜んだり、楽しんだりだった。

俺のお気に入りは、「高い」と「枝豆」の言い間違い。「高い」は「かたい」という定番ミスなのだが、枝豆はなぜか、

「エーダーナーナーメ」

これをリクエストに応えて何回も言ってくれるから面白い。

それから今回で一番嬉しかったのは、夜に俺の腕枕で寝てくれたこと。
おつきさまこんばんは
電気を消して、これをウロ覚え&アレンジで語って聞かせながら、
「おつきさま~、せぇのっ!」
と声をかけて、一緒に、
「こんばんは」
と言うのを何度か繰り返したあとに満足げに寝ていた。

よく抱っこを求めるサクラだが、彼女なりにその時々での好みがあって、「抱っこ」、「おんぶ」、「かぁたうーま」(肩車)、「赤ちゃん」という4種類がある。「抱っこ」は正面からしがみつくような感じだが、「赤ちゃん」というのはいわゆるお姫様抱っこみたいな感じだ。さすがにだんだん重くなってきて、「赤ちゃん」で長距離を歩かされた時には腕が辛かった。

IMG_8565
(写真は平成25年12月14日)

そんなこんなで6月15日の日曜日になり、お別れの時がやってきた。
「お仕事に行ってくるね!」
と言うと、
「サクラも、おちごと、いく~!」
と、かなりグズグズ言ってくれて、これもまた嬉しい困りごとだった。


今のところスクスクと、順調に優しく育ってくれています。

6 件のコメント:

  1. 「おつきさまこんばんは」、うちの娘も小さい頃(今も小さいですがw)好きだった絵本です。
    読み終わったときに、裏表紙のあかんべぇをしているお月さまを見せると、けらけら笑ってくれました。
    子供のツボに入る絵本って、結構共通しているのかも知れませんね。

    返信削除
    返信
    1. >匿名2014年6月16日 12:05さん
      4種類ある中で、どうやらこの「おつきさま」が好きみたいで、よく持ってくるんですよねぇ。読み聞かせるうちに、俺自身もこの本が一番印象深くなっていき……。誰でも描けそうなシンプルな絵と文なのに、マネできそうでマネできない、ロングセラーの凄さなんでしょうねぇ。

      削除
  2. うちの娘も大好きです。
    おつきさまだけでなく、『にゃん、にゃん』と言って猫にも興味を示しています。
    雲の場面では、自分も一緒になって雲に怒っています。

    1度読むと、2度、3度と・・・
    引きつける魅力があるんですね。

    返信削除
    返信
    1. >石井さん
      あー、あのネコ!!
      確かにうちも、
      「ネコ! ニャー、ニャー!」
      なんて言っています。まだ雲に怒るまではいきませんが(笑)

      削除
  3. そういえば、いつの間に「ママ」に‼︎
    やはり保育園に行くようになったからでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. >り〜ふさん
      今は半々くらいですねぇ。
      あと今までは自分のことを「サクラ」と呼んでいたのが、最近は「サクちゃん」と言います。これは保育園の影響がかなり大きいみたいです(笑)

      削除