2014年6月24日

お姉ちゃんになっていくサクラ

DSC01266
平成26年6月22日、サクラはお姉ちゃんとしての一歩を踏み出した。

その日、朝の5時ころから病院へ行く準備をコッソリしていたが、サクラが気配を察して起きてしまった。着替えている俺と妻の姿を見て、

「サクラもいく!」

と着替えを取り出そうとする。一緒に行きたがるサクラを義母が抱っこして、6時に慌てて家を出る時には大泣きして暴れていた。後ろ髪をひかれる思いで病院についたのが7時(妻の実家は陸の孤島)。

無事に出産が終わったが、妻はかなり体力消耗しているからということで、義母やサクラは後日病院に来ることになった。俺は翌日から仕事だし、帰る前にサクラに会うとまた寂しがらせるかもしれないと考え、そのまま車で2時間弱かかる自分の実家の方へ帰った。その日の夜に、義母から妻へメールがきた。

サクラは、何かを感じ察したのか、朝のあの時だけ大泣きしたが、それからは大人しく義母や義祖母と仲良く遊び、お昼寝も自らすすんでやり(珍しい!)、夜はヌイグルミと遊びながら寝たそうだ。

そんなけな気な様子を知った妻は病室で号泣したらしい。

そして、それを伝え聞いた俺もサクラの成長ぶりに胸を打たれた。

6月23日も、グズることなく過ごせたようだ。

父として、誇らしい。

と同時に、ちょっと寂しくもある。

今週末も、また帰省する。その時には、思いっきり甘えさせてあげよう。

2 件のコメント:

  1. おめでとうございます!!
    さっそくお姉ちゃんの自覚がでたんでしょうか。
    逆に手がかからなくなるのも、さみしいですよね。

    うちも今年中に2人目が産まれる予定です。
    ちゃんとお姉ちゃんになれるかな・・・

    返信削除
    返信
    1. >石井さん
      ありがとうございます。
      手がかからないのは嬉しい反面、ホント、寂しいですね。
      今年中にお二人目とのこと、ご無事な妊娠生活&ご出産をお祈りします!!

      削除

コメントへの返信を一時中止しています。
一部エントリでコメント欄に素晴らしいご意見をいただいており、閲覧者の参考にもなると思われるため、コメント欄そのものは残しております。
また、いただいたコメントはすべて読んでおります。