2014年9月24日

2歳半児の時間感覚

ある日の夕食時に、サクラから、

「なんじ?」

と聞かれて驚いた。妻によると「けっこう聞かれるよ」とのこと。まだ数も正確に数えられず、まして時計の見かたなど分かるはずもなく、果たして「時間」というものをどこまで分かっているのかどうか。単に親の口癖の真似かもしれない、と思っていたのだが、そのすぐ後に、飲みかけの牛乳を飲み干すよう促すと、

「あしたのむ」

と答えたのでまた驚いた。これは明らかに「明日」というものの意味が分かっていて発言したようである。

子どもの成長は日進月歩ということを、最近つくづく感じる。

0 件のコメント:

コメントを投稿