2014年9月4日

ありがとうの話

「パパ、ふりかけ、ちょらい!」
サクラがねだるので、ご飯にふりかけをかけてあげた。何も言わずにそのまま食べようとするサクラ。

我が家では、夫婦間でもサクラに対しても、小さなことでも「ありがとう」と言うようにしている。サクラの一生懸命なお手伝いはあまり役に立たないことが多いが、それでも「ありがとう! 助かったよ!」と声をかける。サクラにも「ありがとう」の習慣を身につけて欲しいので、ちょっと注意してみた。

「パパもママも、サクラにはどんな小さいことでもありがとうって言うよね? ありがとうは大切な言葉なんだよ」

するとサクラ、離れて次女ユウに授乳していた妻に向かって、

「ママ、あぃがとう」

そして、隣に座っている俺の顔を見て、

「パパ、あぃがとう」

なんて言うではないか!!

ふりかけをかけてあげた俺に対して「ありがとう」と言うだけだろうと想定していたので、まさかこういう形で「ママ、ありがとう」「パパ、ありがとう」なんて返ってきたことに感動。



そんなサクラはアナ雪大好き。最近、買ったグッズ3つ。

2 件のコメント:

  1. ちょっと前に読んだアドラーの「嫌われる勇気」に、「ありがとう」という言葉はお互いの対等感と、相手への「勇気づけ」の素晴らし言葉だと書いてましたよ。私も意識して褒めるよりは、ちょっとした事で「ありがとう」って言うようにしてると自然と子供も言うようになりましたね。

    何かそうやって小さな事でも自然と素直に言葉に出せる人の連鎖は繋げていきたいですね。

    返信削除
    返信
    1. >ゆうさん
      アドラー心理学、興味ありつつ積読が多すぎて手は出さないようにしています(笑)
      なるほど、対等感と勇気づけかぁ。最近、サクラも自尊心が芽生えてきて、先日、俺がサクラにきちんと謝る事態がありました。子どもだからって、いつまでもなめてちゃいけませんね。

      削除

コメントへの返信を一時中止しています。
一部エントリでコメント欄に素晴らしいご意見をいただいており、閲覧者の参考にもなると思われるため、コメント欄そのものは残しております。
また、いただいたコメントはすべて読んでおります。