2014年12月1日

漢方薬が美味しい2歳半!?

IMG_0135
鼻炎もちの妻が、先日ここで紹介した漢方薬の小青竜湯を飲んでいると、それを見たサクラが、

「サクラも、おすくりのむ!」(まだ「おすくり」である。言葉の練習「おくすり」参照

と言う。これは苦いんだよ、と説明しても飲みたいと言いはるので、袋に残った漢方薬を数粒、手に出してあげた。それをぺろっと舐めたサクラ、

「おいしい!」

おいおい、マジかよ……、と妻と二人して苦笑。その後、漢方の袋を切り開いてあげたら、その袋を舐めるほどのハマりよう。

また別の日、今度は俺が風邪で葛根湯を飲んでいると、やはりサクラが欲しがる。そこでまた数粒だけ手の平に乗せてあげると、それを舐めたサクラ、

「んーっ! おいしい!」

そして続けて、

「あまーい!」

えっ!! あまい!? と、妻と俺とで顔を見合わせた瞬間、さらに続けて、

「さいこーっ!!」

これには俺も妻も吹き出してしまって、しばらく笑いが止まらなかった。


そんな言葉、いったいどこで覚えたんだ!?

2 件のコメント:

  1. ししとう432014年12月3日 22:56

    お父さんに似て、辛党なのかも。
    身近な例を見るに、将来は私の従妹みたいに酒豪になるかも。

    返信削除
    返信
    1. >ししとう43さん
      うん、酒好きな子になりそうです……。
      楽しいお酒なら良いですよね!!

      削除

コメントへの返信を一時中止しています。
一部エントリでコメント欄に素晴らしいご意見をいただいており、閲覧者の参考にもなると思われるため、コメント欄そのものは残しております。
また、いただいたコメントはすべて読んでおります。