2014年12月16日

達人が語る短い診察時間 神田橋先生の『精神科講義』より

俺の診療時間は短い。理由はいつくかあるが、最大のものは精神科医になりたてのころに先輩のS先生から、
「精神科の診察室に長居したい患者さんなんて、そう多くない。お前が患者だったらどう? 医者から長々あれこれ聞かれたらイヤだろ」
と言われたこと。あとは診療時間と外来患者数との兼ね合いで、特に昨年度は一人で診ていたので、どうしても短時間にならざるを得なかった。その時期に、井原裕先生の本を2冊読んで感銘を受け、短時間診療のツボみたいなものを学んだ。

神田橋先生は、このことについて達人らしく語っている。
外来に来ている、維持投薬だけをしているような患者さんがいますよね。ある程度の社会生活はできている。そういう患者さんに、一番サポーティブな接し方は、
「今日は質問することが何も思いつかないけれど」
と言うのが、一番サポーティブです。
「あなたのほうで何か質問があったらどうぞ。特に変わりがなければ、いつもの通り、薬をあげるのでいい?」
と言ってあげるのがサポーティブ。
無理やり、「近ごろどうしてるね?」とか「仕事は順調ね?」とかそういうようなことを思いついて、必要があって聞くならいいけど、何か聞かにゃいくまいと思って聞くと、有害この上もないし、順調かどうかなんて聞かないでもパッと見たら分かるんだから。(中略)
何も聞き出されないし、聞きたいことにはきちんと答えてもらえるというのが、統合失調症に限らずね、患者さんにいいです。(中略)
「あそこに行くとなんか話をさせられる」というのはいかんでしょ。
こうやって書いてみると、S先生の言っていたこととかなり似ている。なんだかS先生が凄い人のように思えてきた。ちなみにこのS先生、ちょっと前に大学の医局長になられて、あれこれご苦労が多いみたいだ。

精神科講義

0 件のコメント:

コメントを投稿