2015年2月25日

『Staff Only』を採用した責任者、出てこい!!

DSC03563
これは病院改築にあたって院内で統一されたタイプの表示である。これを見ると設計士のセンスのなさがよく分かる。

『Staff Only』とは「関係者以外立ち入り禁止」という意味だ。最近のオシャレなショッピングモールなどではよく見かける表示で、誰に見て欲しいのかというと「関係者以外」である。

病院における「関係者以外」とは、患者、家族、見舞いの友人である。そして、病院の主な利用者は中高年の人たちで、洒落たショッピングモールの客層よりは平均年齢がぐっと上がる。そんな利用者にこの英語の表示は親切だろうか? 

なにも全ての中高年が『Staff Only』の意味を分からないと言っているのではない。中高年の“ほぼ全員”が表示の意味を理解できてこそ目的が達成されるわけで、理解できない人が多い表示には価値などほとんどないということを指摘したいのだ。

『Staff Only』が今風でオシャレなのは否定しない。若者の多くは見慣れていて意味もすぐに分かるだろう。しかし、病院とはまず徹底的に職員と利用者にとって実用的であるべきで、そこにシンプルなオシャレを盛り込んでこその「機能美」である。間違っても「美を追及するあまり機能がおろそかになる」ということがあってはならない。

田舎の総合病院内の表示に「Staff Only」を採用した設計者には、ユーザビリティ・センス(という語があるかどうか分からないが、利用者の使い勝手をイメージするセンス)があまりになさすぎる。

責任者、出てこい。

4 件のコメント:

  1. 最近の公共性の高い建物はデザイン・スタイリッシュを重視する傾向にあるみたいですね。私の住む田舎町も有名な建築家が手掛けた芸術的公共施設が増えつつあります。

    これ、よく分かります。私はデザイン的な物が凄く好きなのですが、デザイン性を重視し過ぎて使い勝手の悪いものは沢山あります。それでも使う人は、そのデザインに惚れこんでいるからこそで、使い勝手の悪さも含めてデザインの一つとして受け入れてますが、そうじゃない人にとってはただの迷惑ですよね。。。

    建物の美しさは確かに大切ですが、公共性…多種多様な人間が使う本来の目的みたいなものを見失ってしまうのは悲しいことですね。

    返信削除
    返信
    1. >ゆうさん
      俺は機能美というのが好きで、医療機器、特に手術の道具などはその最たるものだと思っています。それに対して、この写真のデザインはまったくもって良くない。
      まったくもって責任者のセンスを疑うばかりです。

      削除
  2. 初めまして いつも拝読致しております
    私は、大学病院等の大きな病院の多い市に住んでおりますが、ここ20年ほどの間多くが改築されました で、どういう訳か改築後のエレベーターの多くが、ボタンが開けるも閉めるも緑色なんですね 私が粗忽者とはいえ咄嗟の時に幾度か間違えたのは、他の施設に於いて間違えるよりさらに危なく感じました 先生の様なご意見をお医者様方から出して貰えたら嬉しいです お目汚し失礼しました

    返信削除
    返信
    1. >さとうさん
      コメントありがとうございます。
      エレベーターの開閉ボタン、確かに同じ色というのはどうかという気がします。
      イメージ的には閉まるほうが赤、開けるほうが緑かなぁと思いますが、他の方はどうなんでしょう。それから「開」と「閉」はパッと見た時にすごく似ているので、中の部分(閉じるなら「才」)の色を目立つようにするとかどうでしょう。

      削除