2015年3月30日

現場ではない周りの環境・風景にも目を向けろ 『12番目のカード』


「犯行現場の鑑識に入る前に、現場ではない周りの環境・風景にも目を向けるんだ。そこから重大な事実を得られることもある」

これは脊髄損傷によって、首から下が動かなくなった天才鑑識員リンカーン・ライムが、弟子であり恋人でもあるアメリア・サックス(映画ではアンジェリーナ・ジョリー)に与えたアドバイスで、我々医療従事者にとっても有意義な考え方である。

これでこのシリーズを読むのは3冊目になるが、やはり面白い。まずミステリとしての伏線と伏線回収、どんでん返しが優れている。本書はこれでもかというくらい引っくり返される。それから、人間をよく描いている。単に仕掛け重視な小説ではなく、人の心の中を描こうとしているところが良い。その他にも、随所に著者の博識ぶりが嫌味なくちりばめられていて、なんとも唸らせられる小説である。

ただラスボスの行動は日本ではあまり考えられないものだったが……。

0 件のコメント:

コメントを投稿