2015年4月28日

電話ごっこ

サクラがおもちゃの電話で遊ぶのが面白い。一人で誰かにかけるふりをして、
「うん、うん」
なんてことを言っている。その姿が微笑ましくて、黙って見ていたら、俺のほうにその電話を差し出して、
「パパも」
と促された。そこで俺は、
「じゃ、アンパンマンにかけてみようか」
そう言ってダイヤルを押して耳にあてた。
「あ、もしもし、アンパンマンですか? はじめまして、……はい、いえいえ、こちらこそお世話になっております。……あっ、今ですか? 長女のサクラと一緒です。……、はい、あ、かわりますね」
そうして渡された電話に向かってサクラは、
「もしもし、こんにちは、サクラちゃんです。アンパンマンですか? 

……、

アンパンちょうだーい!」

思わず吹き出してしまった。

面白いので、次は妻にかけてみる。
「今度はママにかけるよ……、もしもし、うん、俺だよ。今ね、サクラと一緒にいるんだけど……、うん、かわろうか?」
はいどうぞ、とサクラに電話を渡す。受け取ったサクラは、
「もしもし? ママ? うん……、うん……、へぇ、そうなんだ。

じゃあねぇ、

またねぇ、

おつかれー!」


これにも笑ってしまった。

子どもって親のいろいろな仕草をちゃんと見ているものだね。

2 件のコメント:

  1. ひらけゴマ2015年4月29日 7:47

    パパさん、サクラちゃんに遊んでいただいたんですね~

    電話を受け取ってすぐ話を続けられるって、すごい!
    子供って、無限大の可能性を持ってるんですね。
    つぶすのは、大人なのかな・・・・
    と思う、今日この頃です。

    返信削除
    返信
    1. >ひらけゴマさん
      遊んでもらいました(笑)
      この可能性を潰さずに伸ばしてあげたいです!

      削除