2015年5月14日

たとえ住所を知っても、主治医の家には行ってはいけない

ある日、仕事中に妻から連絡があった。
「Aさんという患者さん(男)が家に来て、ミカンをくださったんだけど……」

患者からどこに住んでいるか尋ねられることは多いが、いつもさらりと嘘をつく。まして細かい住所を教えるなんてことは絶対にしない。もちろんAさんに教えたこともない。それなのに、どうしてAさんは俺の自宅を知っているのだ……?

Aさんは変な人ではない。むしろ真面目な人だ。それでも俺は正直「怖い」と思った。妻も同じように「怖い」と感じたそうだ。Aさんが怖いわけではなく、もしかすると多くの患者から自宅を知られているかもしれないということが怖いのだ。

精神科の診察室で、俺は患者を支持するだけでなく、時には厳しい態度で接することもある。嫌がる患者を引きずっていって強制的に入院させることもある。こちらは良かれと思ってやったことでも、逆恨みされる要素はふんだんにある。

逆恨みを買ってでも必要な治療を行なう。そんな覚悟には、家族や自分のプライベートなところは安全であるという安心感が必要だ。その安心感が揺るがされると、逆恨みを買う覚悟ができず、腰のひけた治療になってしまう。そういう意味で、Aさんの行為はとんでもないマナー違反である。

Aさんに悪気がないことくらい百も承知であるが、それでも、「妻と娘しかいない家に男性患者がやって来た」ということが、俺に与えた衝撃と恐怖と不安感はとてつもなく大きい。実際、この件以来、妻は俺が出張の時の夜が非常に怖くなり、落ち着いて過ごせないという。

そういえば、以前に勤務した病院では、先輩医師が患者に自宅を知られ、さらに脅迫を受けたため県外に転勤していった。俺もそろそろ潮時なのかもしれない。


<関連>
プライベート時間に侵入してくる人たち‏

8 件のコメント:

  1. 田舎ではよくあることと言ってしまえばそうかもしれせんが、その土地の土着の者でない人間の「教えていないのに家を知っている・訪ねられることが怖い」という気持ちを、患者さんが想像するのは難しいと思います。

    世間話として「あの辺で見かけたけど、家はあの近くなの?」と質問されるのは理解できます。知っていても知らないふりをするというのもマナーですし、教えられていない家を訪問するというのはマナー違反ですね。

    家を訪ねて来られて嫌だとかそういう問題ではなく、マナー違反を犯してくる不特定多数の人間が家を訪ねてくる怖さを想像すると、本当に怖いですね。訪問者の質の問題と言いますか、とても怖い記事ですね。

    返信削除
    返信
    1. >やまさんさん
      「あの辺で見かけたけど、家はあの近くなの?」
      これよく聞かれます……。なので、たまたまその近くにいただけ、と答えることが多いです。あと、
      「先生は官舎住まいですか?」
      これもよく聞かれます。実は違うのですが、そうですよ、と答えています。
      このマナー違反をしたAさんがやって来たのは平日の昼間ですから、俺が家にいないのを分かっていたわけで、どうして病院に持ってきてくれなかったのだろう……、と思うと……。やっぱり違和感があります。

      削除
  2. ciao いちはさん
    ご家族がいらっしゃる、そして特にいちはさんのようなお仕事だとなおさらでしょうね
    都会でない土地の習慣とか、、あるでしょうし
    こういうことが、マナー違反だと思わない人達もいると思います
    福島に行ってたときも、差し入れしてくれるわけですよ
    まあ自宅にきてくれるわけじゃあないけれど、煮物とか作ってきてくれるわけです
    確かに食べない人もいるんですよね
    そういう思いの表し方の違いって、凄く土地によって差が有ると思います
    そうそう、わたしは道でお野菜の市とか出てると、すぐ買っちゃうんだけど
    うちのお嫁さんはギャランテイがなくて危ないから買わないといいましたっけ 苦笑
    話がそれちゃったけど
    気をつけなくてはいけないのは、やまやまでしょうが、
    わたしは、むしろ第三者として無責任なこといわせてもらうとしたら、笑
    その方、いちはさんに凄く感謝してるのだと思いますよ
    ただお礼に何かしたいと思ったら、いろいろ考えられなかったのだと、
    友人の娘さんで、たぶん、知能障害があると思われる子が居ます
    遊びに来て、いろいろ話してると、突然ひょんなことでいきなり抱きしめられたりします
    こういう無作為な行為に慣れていない私たちはびっくりするのですが
    妙に遠慮したり、無為に相手の感情を思いはかって行動することを"悲しくも”学んでしまった私には
    逆に新鮮な驚きだったりします



    返信削除
    返信
    1. >junkoさん
      この件で違和感があるのは、Aさんがやって来たのが平日の昼間というところで、俺が家にいないことを知らないはずがないんですよね。そして、Aさん宅から我が家と、Aさん宅から病院というのは、距離が段違いというわけでもないんです。どうして病院に持ってきてくれなかったのだろう……、あるいは休日に来てくれたらまだ分かるのに……、と思うわけです。
      そして記事に書いたように、逆恨みされる職業ですし、実際に病院で脅迫めいた電話を受けたこともある身としては、こういう事態は受容できないなぁと思います。

      削除
  3. うーむ。機会があって、主治医の住所を知ったのですが……。永遠に黙っておこうと思います。

    返信削除
    返信
    1. >匿名2015年5月18日 4:43さん
      先生のためにも、永遠にしまっておいてあげてください!

      削除
    2. まあ、1Rマンションとかを借りて、仮の住所に設定している可能性もありますが。それでも、なにも言わないですよ。
      個人的には他の個人情報は要らないけど、年齢は知りたいなーと思うことがあります。「先生が学生のころだと、○○みたいな出来事があった時期ですよね」的な雑談のとっかかりにするのに。自分、人の年代とかをあまり顔とかから読み取れない人なので。

      削除
    3. >匿名2015年5月18日 19:16さん
      仮の住所にするほどの人はなかなかいないんじゃないかなぁと思います。中にはそういう人もいるかもしれませんが。
      年齢は聞かれたら答えます。あまりにも何でもかんでもはねつけるというのは、良い関係ができなさそうなので。出身地も含めて根掘り葉掘りになると、やんわりと「あなたのための時間ですよ」ということを伝えますが。

      削除