2015年6月24日

公的機関職員のルーズすぎて相手する気にもなれない主治医訪問

主治医の意見が聞きたい、と公的機関(主に市役所か市の保健センター)の職員が来ることがあるが、彼らはたいてい質問事項を決めていない「手ぶら状態」である。

こちらは無料奉仕であり、時間が惜しいので挨拶だけ済ませると、
「さっそく本題に入りましょう」
そう言って話を促す。
「Aさんについてお聞きしたいんですが」
「はい、どうぞ」
「えっと……、あの、先生から何かないですか?」

こういう「行けば何か役に立つことを話してもらえるはずだ」的な訪問はダラダラと時間だけが過ぎる。こちらとしては貴重な時間が無駄になる。

どうにか改善できないかと考えて、最近はアポの電話をもらった時点で、
「どういうことについて聞きたいんですか?」
と尋ねるようにしている。この時も返事はたいてい、
「えっと……、病状について……とか……ですね……」
「例えばどういう?」
「えっと……、今度ケア会議を開きますので、主治医の意見を聞いておいた方が良いということになりまして」
「はい、例えばどういう?」
「えっと、ケア会議で……」
戸惑った様子の声で、まったく具体性に欠ける答えばかりである。最終的には「うかがってご相談します」といって電話が終わる。

さすがにこんな事前のやり取りをしていれば質問事項を決めてくるだろうと思うのが普通の感覚だが、やって来る職員はやはり手ぶらである。彼らは「主治医の意見を聞きに行く」という仕事をいったいどういうふうに考えているのだろう? 謎である。

6 件のコメント:

  1. 公務員は、形を大事にするわけでしょうね・・・オリンピックみたいに内容よりも参加することに意義があるみたいなw (もちろん、真剣に当事者のことを考えて頑張っている職員もいらっしゃるでしょうが・・・)
    無難に職務を遂行するだけの職員に対する次善の策は、、、会議が始まったら、他の患者の対応と称して退席し医師以外のメンバーでディスカッションしてもらうことですかね。。。

    返信削除
    返信
    1. >みゅうさん
      きっと職員によるのだと思うのですが、少なくともこの数年間できちんとした形式で臨んだ方というのはほぼ皆無です……。事前に「15分ならとれる」と時間を区切るというのも方法としてやっています。

      削除
  2. 公的機関に関しては「とりあえず書類を埋める」ことが仕事の目的になってしまって、現場は置き去りですねぇ(遠い目)別の記事になりますが、いちはさんの所へ診察に来た高校生と学校のやり取りもそうですがアウトな案件沢山です。
    学校の校長先生に関しても現場からは「ポンコツ」7割:どちらでも無い2割:優秀1割ぐらいだそうです。システム的に一度担任を持たせてダメだった教職員は職員の「教育センター」へ長年勤務したのち、校長になるケースがあるそうです。
    仕事ができない人ほど教育センター中に昇格の試験勉強をする時間があるので、高確率で校長になるそうです。反面、仕事ができる人ほど過酷な現場に回されるので、勉強する時間がなく。校長や幹部職員にならず現場で終わる人が多いそうです。
    身内に公務員が多いので、「これだから公務員は…!」と言われると、とても悲しい気持ちになるのですが現場のシステムとして悪循環が生まれていますねー。

    返信削除
    返信
    1. >やまさんさん
      埋めるためだけの書類って、確かに多いです。生活保護受給者の医療要否意見書なんて典型例で、あれで「不要」にチェックして自腹で払わせるなんて不可能ですもん。以前に試したことがありますが、役所から電話がかかってきて「これだと本人負担になりますので」ということで「要」にチェックし直しさせられました。だったらそんな書類いらないじゃん、という……。

      削除
  3. Ciao いちはさん
    公的機関というのも、そこに働く人々も私は基本的に信用していません
    親方日の丸という言葉がありますが、やってもやらなくても 彼らの給料も変わるわけではなく
    肩たたきに遭うわけでもないぬるま湯の環境が 彼ら自身を澱ませていっていると、
    昼行灯みたいな人多くて私は、なんだか塩気のない病人食に出会ったみたいにうんざりします

    ところで
    やはり公的機関の問題なのですが
    私のブログで 署名集めを行っています
    東京都の児童一時保護所の児童に対する対応の改善についてです
    もしよかったらご協力いただければ幸いです
    よろしくお願いいたします

    返信削除
    返信
    1. >junkoさん
      全てじゃないと思うんですよね、きっと。
      俺の叔父は公務員から県議になり、今は農業をやっていますが、裏表もないし怠け者でもないですし、信頼できる人です。ただ、公務員時代の仕事ぶりは実際にはよく知りませんので、もしかしたら昼行燈だったかもしれません。
      従弟も公務員ですが、彼も決して怠け者ではないですが、やはり仕事ぶりは分かりません。
      プライベートと仕事ぶりって、ある程度は相関していると思いますが、やっぱり全部じゃないですよね。自分を振り返ってみてもそう思います。

      署名の方、見てみますね!

      削除