2015年9月1日

女性患者の服装の変化に関しての尋ね方

統合失調症の女性が妊娠を希望して、少しずつ薬を減らしていたある日の診察。彼女がいつもより濃いめの化粧、派手な服装で来院した。「これはもしかして調子が悪くなったのかな……?」と心配したが、話した感じではいつも通りだった。そこで、診察の終わりに、

「今日はえらくオシャレですね。これからどこかお出かけですか?」

と尋ねると、

「いつもは朝早い診察だけど、今日は遅めの予約で、朝から時間があったので(笑)」

とのことで一安心。ところで、若手の男性医師にとって、こういう女性の服装の変化、特にこちらが心配になるような変わり方の場合、その理由を尋ねるのにはちょっとした勇気がいるものだが、

「今日はいつもよりオシャレですね。お出かけですか?」(※)

というフレーズを覚えておくと、なにかと使い勝手が良いかもしれない。


※変法はいくらでもある。例えば、
「今日はこれからお出かけですか?」
「いいえ、なんでですか?」
「いや、いつもよりオシャレされているように見えたので」
など。

0 件のコメント:

コメントを投稿