2017年6月27日

家族参観で、長女と次女の成長ぶりに感心した

平成29年6月25日は、長女サクラの通う幼稚園の家族参観日だった。たまたまサクラの「お当番」の日で、朝から級友の前に出て挨拶や点呼をしていたが、俺や妻のほうは絶対に見ようとしなかった。特に俺の姿を見るとダメなようで、妻には「隠れて!」と言われてしまった……。パパはサクラの勇姿を見たいんだよぅ……。

その後、家族もまじえたレクリエーションがあった。3学年ある園児を全員集めても30人足らずという田舎の幼稚園なので、まだ入園していない次女ユウもサクラと一緒に並んで座ったり参加したり、わりと自由だ。こういうところは田舎の良い点だろう。

先生が前で話をしている間、キョロキョロしたり、隣の子と喋ったり遊んだりしている子も多かったが、サクラもユウもいわゆる「体育座り」をして身じろぎ一つしなかった。これは見ていて感心した。ユウは一学年上の年少さんたちより落ち着いて見えた。修身教育なんて、我が家ではやっていないんだけどな。
17-06-27-07-26-59-406_deco.jpg

さらに遊びの最後に、みんなの前で自己紹介をするものがあって、試しにユウにマイクを向けてみた。どうせ照れて何も言わないだろうと思っていたら、
「★★ユウちゃんです。よろちくおねがいちます」
なんて言うではないか!!

家でのサクラは落ち着きがないし、こちらが言ったことの半分くらいしか聞いていないし、ユウはまだまだ甘えん坊だし、あれこれ心配することが多かったのだが、家族参観で頑張っている二人の姿を見てちょっと安心した。二人とも、ちゃんと成長しているんだね。

0 件のコメント:

コメントを投稿