2017年12月11日

動物園に行きたくなる! 見たくなる! 考えたくなる! そうだ、動物園に行こう!! 『動物園にできること』


20代の初め、たまたま行った動物園で、二匹のライオンが互いに吠え合っているのを聞いたことがある。テレビで聞いたことのあるのと同じ鳴き声だったが、思わず立ちすくんでしまうナマの迫力があった。あれはテレビやオーディオでは再現できないだろう。なぜなら、音量や音質の問題ではないからだ。目の前にいるライオンが吠える。その圧倒的な存在感に触れて、自分は「食われる側」なのだと自覚した。あれ以来、ライオンを見るたびに吠え声を期待してしまうのだが、聞くチャンスには巡り会えていない。

さて、動物園の役割とは何だろう。そんなこと、これまであまり考えたことがなかった。本書では著者がアメリカの動物園をいくつも訪ねて、園長や飼育員といったスタッフへのインタビューを重ねていく。そしてタイトルにある「動物園にできること」に迫ろうと試みるが、その過程で動物園が「やってしまったこと」という負の側面にも詳しく触れてある。

読み終えて、動物園に行きたくなった。というより、子どもたちを動物園に連れていきたくなった。すでに何ヶ所かの動物園には行ったことがあるが、今度はサラッと見るだけでなく、じっくり見て、説明文もしっかり読んで、そして考えて、できれば自分なりに子どもたちに何か伝えられないだろうか、と思った。そのために、まずは動物園の会員になろう。何度も通うことで感じること、得るものがあるはずだ。

動物園に対して、そんな気持ちにさせてくれる良書。

ちなみに上記画像はkindle版の表紙だが、文庫版カバーのほうが好き。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントへの返信を一時中止しています。
一部エントリでコメント欄に素晴らしいご意見をいただいており、閲覧者の参考にもなると思われるため、コメント欄そのものは残しております。
また、いただいたコメントはすべて読んでおります。