2015年3月31日

アッと驚くラストや社会風刺のきいた短編小説 『鼻』


社会風刺のきいたものや、アッと驚くラストのミステリ(?)ありの短編集。特に表題作『鼻』は、俺としては実に面白かった。この作者の本はこれで2冊目で、あと1冊を積読している。文字数は多くないので読むのに時間はかからない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

返事が遅くてすいません。