2016年11月30日

いま必要ないからこそ用意しておくべきなのだ! 『おかあさんと子どものための防災&非常時ごはんブック』


今年は熊本でわりと大きな地震があり、つい先日も福島のあたりで地震と小さな津波があり、少し毛色は違うが博多駅前が大規模陥没し……、「被災する」ということを改めて考えさせられた。

本書によると、日本人の3人に1人がなんらかの天災に被災するらしい。けっして他人事ではないのだ。

前半では、子どもと一緒に被災した場合、あるいは別行動中に被災した場合など、パターンを分けて、しかも4コママンガつきで解説してある。普段マンガは読まないが、こういう本ではイラストのあるほうが場面想像しやすくて良い。

また、非常食について、よく見聞きする「5年くらい保存できる非常食を買っておく」というスタイルを勧めていないのも斬新だった。食べ慣れていない、美味しくない、それだと被災したときに元気が出ない、というのが理由だ。そのかわり、日常的に食べるものを非常食にできるよう、日持ちする缶詰めやカップ麺、調味料などを上手にローテーションさせましょう、と提案している。実行しやすく、余計なお金もかからず、良い方法だ。

ただし、水だけは難しい。浄水器を通していない水道水(塩素が入っている)をペットボトルに入れておけば、冷蔵庫だと4-5日はもつそうだが、家族全員分と考えると、とても冷蔵庫にはおさまらない。未開封の水を1週間分くらい家に確保しようと思ったら、かなり場所をとってしまう。簡易かつ安価な非常時用浄水器(キャンプや登山でも使っている人が多そう)を用意しておくのが一番良いと思う。そういう浄水器に関しては書いていなかった。

妻と子ども3人をもつ身として、家族で被災した場合のことは考えておかないといけない。いままで何度も買うか迷ったマルチプライヤーも、これを機会に購入した。家に置いておくと子どもが何するか分からないので、車の中で特に子どもが手を出さないところにしまっておこう(車中からの非常脱出にも使えるかもしれない)。


この2つを買いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントへの返信を一時中止しています。
一部エントリでコメント欄に素晴らしいご意見をいただいており、閲覧者の参考にもなると思われるため、コメント欄そのものは残しております。
また、いただいたコメントはすべて読んでおります。