2017年3月30日

次女ユウの喉に魚の小骨が刺さって、救外を受診した話

昨日の15時すぎ、妻から次女ユウの調子が変だという連絡があった。食べたものを吐きだしたり、咳をしたりするが、それが続くわけでもない。ユウは時々こういう演技めいたことをするので、今回もそんな感じなのかと考えていた。

帰宅してみても、ユウは元気そのもの。ただ、唾を飲みこまずに、溜めてペッと吐きだす。これも時々やる遊びである。妻に聞くと、
「昼ごはんで、手作りのオニギリを食べた時に急に泣き出して、その後はまた機嫌が良くなって遊んでいた」
とのこと。

長女サクラと次女ユウを風呂に入れながら、サクラに聞いてみた。
「ユウちゃん、お昼ごはんの時に泣いたの?」
「うん、泣いたよ」
「吐いた?」
「はいてないよ」
「なんのオニギリだったの?」
「シャケ」
……シャケ? 骨か?

風呂からあがって懐中電灯で喉を照らすと、軟口蓋に一ヶ所、小さな赤い点がある。これか? これだけにしては様子がおかしい。舌圧子はないので、妻と二人で体を抑えながらスプーンで確認。でもなにも見えない。次女のキツそうな様子に、だんだん「これは骨だ」という確信が強まり、21時を少し過ぎたころに勤務先病院の救外を受診することにした。

その日の当直はベテラン内科医のK先生だった。喉の奥に白いものがチラッと見えたものの、きちんとは確認できず、K先生が若手小児科の女医H先生に応援を要請。やってきたK先生も目視はできなかった。そこで、エスクレという座薬を用いて眠らせた後、耳鼻科用の細いファイバーを使って確認。

処置にあたって、三女を抱いた妻と長女サクラは外に出された。寝ているとはいえ、泣き叫ぶことがあるかもしれないし、辛い姿を見せるのは酷だという看護師の心遣いだった。

ファイバーで、喉のかなり奥に小骨が見えた。これをとるには……、
「ブロンコしなきゃだね」
ブロンコとは、気管支鏡である。

エスクレより深く寝せるため、ドルミカムという点滴を用いることとなった。小児科H先生が点滴をとり、ドルミカムで寝せて、K先生によるブロンコ開始。骨が扁桃の奥に、しかもとりにくい角度で刺さっているのが見えた。それを苦戦しながらも、決して時間をかけることなく、みごとに抜去! その瞬間、K先生、H先生、当直の看護師さん2名が、
「ワーッ!」
と歓声をあげた。それに重なって、俺も、
「あーっ! ありがとうございます!!」
と思わず大きな声が出た。

とれた骨は2センチ弱。オニギリを作るときに、妻はかなりたんねんに骨を除去しているので、昼間の時点ではまさか骨とは思わなかったとのこと。普段の食事でも、俺より丁寧に魚を処理して子どもにあげているので、今回の件で妻に落ち度はなく、敢えて言えば次女の不運だろう。もともとなんでも食べる良い子だが、咀嚼が足りなかったり、口に詰め込み過ぎたりと、食べかたに関しては毎回注意される子でもある。

不幸中の幸いは、当直のK先生が呼吸器専門で、気管支鏡の腕が良かったことと、当直看護師が普段は内視鏡室で勤務していて気管支鏡介助に慣れていたこと。

今回、身体科の先生は本当に凄いと実感した。点滴にしろ気管支鏡にしろ、患者の親であり同僚医師でもある俺が患者の抑え係という「医師としてはやりにくい状況」で、それぞれビシッと一発で決めた二人の姿は、ひたすらカッコよかった。

余談ではあるが、ユウがキツそうにしているのを見て、5歳のサクラが、
「ユウちゃんしぬの!?」
と明るく朗らかに尋ねてきたので、カチンときて、
「死なないよ!」
と強く答えてしまった。5歳だと、まだ分からないよなぁ……。でも、あの状況では「死」という単語を冷静に聞き流せなかった。ただ、その後のサクラはひたすら優しくて、次女がジュースを欲しいと言えば、妻と一緒に買いに行き、そこでは自分のジュースを欲しがることなく、
「あっ、ママ! ユウちゃんの好きなジュースあったよ!」
と飛び跳ね、その後はグズりだした三女をあやすなど大活躍。処置中には、外に漏れ聞こえるユウの泣き叫ぶ声に、
「ユウちゃん、かわいそう」
「もうユウちゃんと遊べなくなるの?」
そんなことを言って涙を流していたそうだ。もちろん、妻も泣いていたとのこと。

帰宅したのは12時過ぎだが、サクラは病院でも一切うたた寝せず、最後は寝る前の絵本読み聞かせまで求める通常運転。

そして今朝。

次女ユウはまだ寝ているが、昨日の夕ご飯を食べていないので、早朝からお腹がぐぅぐぅ鳴っている。微笑ましくて、愛おしい。妻も三人の娘たちも、まだ寝ている。こんな平和な朝が、これからもずっと続きますように。


DSC_0212.JPG

0 件のコメント:

コメントを投稿

返事が遅くてすいません。