2017年1月23日

内容はちょっと古いが、それぞれのエピソードは面白い 『脳の欲望 死なない身体 医学は神を超えるか』


タイトルはいかにも脳の話という感じだが、文庫化される前の単行本タイトルは『死なない身体 いま医学で起きていること』である。アルツハイマー病を中心とした脳や認知症の話もあるが、それ以外にも、救命救急センター、性同一性障害、摂食障害、美容外科、不妊治療といった分野の現場取材をまとめてある。

もともと1993年に刊行された本で、それを2001年に文庫化している。2017年現在からすれば15年以上前の話で、ちょっと古い部分も多々ある。だから、各分野の最新知見を得るためというより、取材対象となった人や分野に関するエピソードを楽しむような読書になる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

返事が遅くてすいません。