2015年4月22日

おとなの小論文教室。


ブログを続けてきて、「書く」ということについて考えようと思い立って、何冊か買ってみたうちの一冊だが、Amazonレビューの星1つと2つの人の意見がかなり俺の評価に近い。ネットに掲載された短文をまとめたものは、やはり本としては面白くないということだろう。

本書に高評価をつけている人の多くは、普段どんな読書をしているのだろうという疑問がわいて、チラッとだけレビューを読んでみて納得。ネットの小文を読むことが多い人たちなんだな。このブログもそうだが、ネット小文というのは一冊にまとめてみたところで、小文の寄せ集め程度にしかならず、本としての魅力はほとんどない。これは雑誌に連載されているエッセイにも似たようなことが言える。

0 件のコメント:

コメントを投稿

返事が遅くてすいません。