2016年5月10日

読みやすいだけに、残酷さ、グロテスクさ、理不尽さといったものが際立つ! 『悪魔が殺せとささやいた―渦巻く憎悪、非業の14事件』


多くの殺人事件の概要、加害者の生活背景、人物像、裁判中の姿などを読みやすい文章で紹介する「新潮45」によるシリーズもの。

読みやすいだけに、残酷さ、グロテスクさ、理不尽さといったものが際立ってくる。こういう本を読むと、とんでもない邪悪が日常のすぐ側に潜んでいるのではないだろうかと不安になる。実際にはそんなことはないのだろう。ないのかもしれない。きっとないと思いたい。

それでも、まったく理不尽に巻き込まれた被害者の方々がいることを考えると、自分や自分の家族に邪悪が降りかかってこないとも限らず、思わず背筋が寒くなる。

備えあれば憂いなし、とは言うものの、世の中には「杞憂」という言葉もある。なにごともバランスが肝心。

とはいえ、やっぱり怖い。怖くなる。

そんな恐怖を覚悟できるなら、どうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

返事が遅くてすいません。