2016年6月7日

日本語のすごさや面白さを再確認できる良書 『日本語は天才である』


一流の翻訳家による、日本語にまつわるあれこれエッセイ。

これは読み手を選びそうだ。

まず「ですます」調である。それから「ダジャレ」が多い。そして、著者は文中ではかなり謙遜しているけれども、実はかなりの自信家であることが透けて見える。

こうしたことを受け容れられる人にとっては、日本語のすごさや面白さを再確認できる良書。逆に、ですます嫌い、ダジャレ苦手、見え透いた謙遜は鼻につくというような人には、よほど日本語が好きでない限りお勧めできない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

返事が遅くてすいません。