2017年1月19日

リンカーン・ライムシリーズとは違ったタイプの面白さ 『スリーピング・ドール』


脊髄損傷で首から下が麻痺した天才犯罪学者リンカーン・ライムを主人公にしたシリーズで、脇役として出てきたキャサリン・ダンスが主人公になった小説。

ダンスはキネシクスを駆使する天才尋問官である。キネシクスというのは、コミュニケーションにおいて身体の動きがどのようなことを表現するかを体系的に研究するもので、ダンスはこのキネシクスを駆使して相手の嘘を見抜いていく、それも天才的に、という設定。

ライムシリーズと同じような興奮を期待して読むと、ちょっと肩すかしをくらうかもしれない。ライムシリーズに比べると、ダンス以外の登場人物の描き方もちょっと膨らみが足りない気がするが、それは単にこれがダンスシリーズ一作目だからかもしれない。

分量は多いので、読み始めるのにはちょっと思いきりが必要な本。

0 件のコメント:

コメントを投稿

返事が遅くてすいません。