2017年2月27日

ラストが駆け足過ぎたか 『警官の条件』


『警官の血』の正統的な続編である。主人公が絞られてはいるが群像劇で、ミステリの要素はそう強くない、というか、ほとんどない。こういうのはハードボイルド小説というのかもしれない。

クライマックスからラストにかけて、ちょっと駆け足になってしまった感があるが、まずまず面白く楽しく読めた。前作に比べればちょっと見劣りするか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

返事が遅くてすいません。