2012年7月20日

「何度も名前を訊くな!! 不愉快だ!!」 で、患者とり違え

当院で、外来患者同士を取り違えるという医療ミスが起こった。きちんと名前を確認せずに、わりと侵襲性の高い検査をしてしまったのだ。このミスの原因を追及していくと、以下のことが分かった。

ある男性患者が、外来で何度も名前を確認されることに苛立って、
「何度も名前を訊くな!! 不愉快だ!!」
と看護師を恫喝した。以後、外来看護師が怖さのため委縮してしまい、それを言い訳にしてはいけないが、名前の確認を徹底しなかったことから、今回の医療ミスにつながった。

確かに、何度も名前を訊かれてイラつくのは分かる。しかし、取り違えされるよりはマシだと思う。現在のコンビニ感覚の受診では、患者数は桁外れに多いし、そうでなくとも顔と名前を全員一致させて覚えることなど不可能に近い。

このミスと、ミスの原因調査をきっかけに、当院では、
「何度も名前を確認されて不愉快かもしれませんが、患者取り違えを防ぐためにご協力ください」
といった張り紙を掲示することになった。こういった些細な掲示物を増やしていけば、本当に重要な掲示物が埋もれてしまう。

なんともバカげた話だ。

4 件のコメント:

  1. ししとう432012年7月21日 2:13

    私が一昨年に脱腸の手術をした病院では、バーコードの腕輪をしてましたが、これを導入すると、やっぱり難癖付けて怒る人がいるのかなあ?
    手術前には、さらに名前と何の手術か復唱もさせられましたが、それくらい当たり前と思ったけど。

    かなり前に、A型肝炎で入院した病院が酷くって、薬の配り間違えをよくされた。
    私がされた時は、指摘したけど、同室のご老人入院患者の付添婦は
    「あれ、いつもと薬が違うなあ。変わったのかなあ。」
    で、何の確認もせず、そのまま飲ませていた。
    何も起こらなかったけど、「ええかいや、おい」と思った。

    返信削除
    返信
    1. >ししとう43さん
      腕輪も嫌がる人がいるんですよね……。病者は、治療を受ける権利があると同時に、治療に協力する義務があるんですが、それを忘れている、というより知らない人が増えてきたんでしょうか。権利の方しか考えていない人、多すぎです。

      削除
    2. ししとう432012年7月23日 10:45

      そうですね。
      福島県立大野病院産科医逮捕事件の経緯を見ると酷いものだ。
      あれは、患者がかなりのわがままを言ってると思う。

      削除
    3. >ししとう43さん
      産科崩壊を一気に加速させた事件でしたね、あれは。

      削除