2013年5月31日

公園にて ~スプーンを使えるようになったよ!~

IMG_6050
5月28日の時点では使えなかったスプーン。昨日(5月30日)の夜は上手に使って食べていた。子どもの成長の早さには驚かされる。

IMG_6060
言葉もだんだんそれらしくなってきている。自分の水入れを差し出して「タンパーィ(乾杯)」と言って、俺や妻のコップや食器とカチンと合わせるのが好きで、その姿が可愛らしくて面白い。サクラの目の前で乾杯したことなんて数えるほどしかないのに、よく見てるよ、まったく。

2013年5月30日

愛について

酔いのつれづれに、愛と恋の違いについて考えた。もしサクラに、「ねぇパパ、愛と恋ってどう違うの?」なんて聞かれたときに、上手い返しはないものか。そしてふと、こんな答えを思いついた。

「サクラが、今まで空気にみたいに当たり前のものと思って吸ってきたのが、パパとママからの愛、そしてこれから、水みたいに吸っては咳き込んだり溺れたりするのが恋だよ」

なんとも胡散臭い答えだが、ひとまず良しとしよう。

こう考えると、「愛」とは受ける側が意識しないものを言うのかもしれない。「自分は愛されている!」なんて思わないくらい、自然で当たり前。

それが、愛。



すべり台

IMG_6027

IMG_6038

IMG_6041

IMG_6042

2013年5月29日

お久しぶりの太郎

IMG_3793

IMG_3792

IMG_3774

IMG_3789

IMG_3791

今回は写真が多いので、残りは「続きを読む」から。

ブランコ

IMG_6008

IMG_6011

2013年5月28日

迷路!? ~最近は断乳に挑戦中~

IMG_6001
断乳に挑戦中である。と言っても、オッパイ断ちという苦行に耐えるのはサクラで、そのための努力をするのは妻で、俺は傍から見ているだけという状況だ。

IMG_6002
昼寝の時も添い乳ではなく、抱っこやおんぶで寝せるようにしているらしい。そうやって徐々にオッパイなしでも大丈夫だと自信を持たせる。せめて俺にできることと言えば、「オッパイ」という単語を日常から排除すること。もう言葉が分かりかけているので、「オッパイ」と聞くと里心(?)がつくようだ。

IMG_6003
夜はオッパイなしではなかなか寝らず、昨夜も妻が散々苦労した挙げ句に最後は添い乳。そうするとあっさり眠りに入った。オッパイの魔法はすごい。

添い乳で 娘寝かせる妻の背を われ添い父で 撫でる愛しく
(娘、妻、俺の順で寝る場合)

添い乳で眠る我が子の温もりと寝息が吾の良き子守り歌 
(娘を妻と俺で挟んで寝る場合)

2013年5月27日

公園で、テクテク

IMG_5989
平成25年4月25日の歩く様子はこんな感じ。

IMG_5990

IMG_5991

IMG_5992

IMG_5993

IMG_5994

IMG_5995

IMG_5996

IMG_5998
ちょっと休憩。

IMG_5999

IMG_6000
あ、こけた(笑)

2013年5月26日

荷物受取場にて

IMG_3469
すでに止まっていて動いていません。

IMG_3470

IMG_3473

セルフポートレイト

IMG_0135
公衆トイレの鏡でよくセルフポートレイトを撮るのだが、後ろに変なものが写りこんでいたらどうしようと、時どきそんな怖いことを考える。

2013年5月25日

帽子、似合うよ!!

IMG_3463
似合ってるよ!!

IMG_3464
でも嫌がる……。

IMG_3466
無理にかぶせても……、

IMG_3467
嫌がる。

IMG_3468
挙げ句、泣きそうになる(笑)

ようやくサクラに帽子を買ってあげた。この写真のような麦わらではない。そのうち写真をアップしますので、乞うご期待!!

サバイバー23区 東京崩壊生存者

サバイバー23区 東京崩壊生存者
木下半太らしいライトでダークな、そしてちょっとしたトリックもある読みやすい小説。終末世界を描いた小説や映画が好きな俺にとっては、小説全体の分量や世界描写の淡白さにちょっと物足りない部分も感じつつ、それでも充分に楽しめた。
ちなみに、読書慣れしている人なら仕事の合間に読んだとしても1日で読み終えるくらいの量。

2013年5月24日

ベビーカーに乗って ~最近よくやること~

IMG_3459
最近やるようになったことで面白いのは「舌打ち」。大人が不愉快になった時にやるような感じではなく、「コッコッコッ」と鳴らすような感じ。どうやってこんな技を覚えたのか分からない。

それから「乾杯」が好きだ。他の家族と食事する時などに乾杯すると、サクラも「アンタイター」(おそらくカンパイと言いたい)と自分の水筒を差し出して、大人たちのグラスとぶつけ、それから水をゴクゴクと飲む。さらに、「プハーッ」というところまで真似しているところが面白い。
IMG_3460
普段もの凄く臆病で慎重なサクラは、対人関係(例えばオモチャの取り合いなど)でもやはり弱いのだが、風呂に入って頭からシャワーをかけ続けても泣かない。なんだかイヤそうにピョンピョンと上下するし、頭を振ったりもするのだが、シャワーをやめると「プハッ」と言ってすぐ笑顔に戻る。意外と根性は据わっているのかもしれない。

子どもは親を見て育つ、というのを実感するのは、サクラがゴロゴロ(小さいのでコロコロのほうが近い)している時。きっと俺の生活態度を真似しているのだ(妻に確認したら、妻は基本的に日中は座り生活らしいので、やはり俺の真似なのだろう……)。父である俺が、食事したらちょっとゴロン、風呂済ませたら軽くゴロン、ゆっくりする時には本読みながらゴロン、なんてやっているから、それを見たサクラも結構コロコロしているのだろう。

2013年5月23日

ホテルの部屋でヤンチャ姫(2)

IMG_3432 (2)
さて、次はどんなことをするのか?

IMG_3442 (2)
床でゴロゴロ!!

IMG_3444
足ペロペロ。

IMG_3445

IMG_3447 (2)

IMG_3450 (2)

IMG_3451 (2)

IMG_3452 (2)
ゴロゴロに飽きたので、

IMG_3455 (2)
「パパ、可愛く撮ってねぇ!!」

IMG_3456 (2)
「ポーズも決めちゃう」

IMG_3454 (2)
「上ったほうが良い?」
やめてください(笑)