2018年9月25日

死刑廃止を願った死刑執行人シャルル=アンリ・サンソンの人生 『死刑執行人サンソン 国王ルイ十六世の首を刎ねた男』


「死刑執行人」というから、どんな非情で恐ろしい人物かと思って読み始めたが、これがぜんぜん違っていた。この先入観、偏見こそ、本書の主人公シャルル=アンリ・サンソンが当時受けていたのと同じものだろう。予備知識なしとはいえ、自らの内にある偏見を恥じた。

サンソン一族は200年にわたって死刑執行人を務めたという。シャルル=アンリは4代目当主であり、ルイ16世を敬愛しており、そしてフランス革命のときに、その敬愛するルイ16世に死刑を執行した人物である。そのときの苦悩や葛藤も本書では描かれている。

文章は読みやすくて飽きさせない。主人公は魅力的。全章を通じて、まるで小説を読んでいるような感覚であった。もちろん、題材が死刑執行人なので、残酷な描写はところどころあった。読みながら、首筋のあたりがひんやりしたことは確かである。そういうのが苦手な人は読まないほうが良いかもしれない。

2018年9月21日

支援者必読! しかし、邦題がミスリーディング!! 『いつも「時間がない」あなたに 欠乏の行動経済学』


アメリカのある病院は、オペ室が常に予定手術で満杯なうえ、予定外の緊急手術が頻繁に入りこみ、そのせいで慢性的なオペ室渋滞に悩まされていた。病院から依頼されたコンサルタントが調査した結果、この病院に勧めたのは、オペ室を一つ「空けておく」ということ。すでに予定手術で満杯なのに……。当然、外科医らは反発した。しかし、いざ実行してみると、なんと大幅に改善されたのだ。

いったい、なにが起こったのか。

「オペ室を一つ空けておく」ことで、緊急の「予定外」手術はそこで行われるようになった。すると、これまで予定外の手術のためにずらしたり調整したりが必要だった予定手術がスムーズにいきだした。急な調整による時間外労働がスタッフを疲弊させていたので、それらが解消されたことでスタッフの負担は大幅に減り、それがまた手術のスムーズさにつながった。

予定外の緊急手術のためにオペ室を一つ空けておくのは、「予定外」を常に起こりうるものとして考え、「予定外を予定しておく」ということ。つまるところ、「予定外」の手術とはいうものの、それが頻繁に入り込むのであれば、それは「予定された予定外」であり、そもそも「予定外」という言葉のほうが間違っていたのかもしれない。

時間でも金銭でも仕事でも、この「予定外を予定した」緩衝材があるだけで、負の連鎖に落ち込まずに済む。

本書は、お金や時間の「欠乏」がいかに人間の処理能力を劣化させるか、そして、適度な緩衝材があれば、その劣化をかなり防ぐことができる、ということをテーマにしている。

それなのに、それなのに。

なんでこんな邦題をつけたのやら……。これではまるで「タイム・マネジメントの自己啓発本」みたいだ。実際には時間だけでなく、というより、時間以上に、お金、貧困といったことを中心に語られていた。表紙も文庫版、Kindle版ともに、かなりミスリーディングなものである。


ちなみに、英語版のKindleはこんな感じ。


英語版のペーパーバックはこんな感じ。

本書では時間やお金、その他なにかの「欠乏」「貧困」が、その人のもっている本来の処理能力をいかに浸食し低下させるか、ということについて詳しく論じてある。その影響力は予想以上に大きいだけでなく、本人の無意識下で起こることなので気づかれにくい。さらに「欠乏」「貧困」を支援するはずの人たちの無意識下でも強く影響を与えていて、問題の原因を支援を受ける人たちの「人格」「人間性」に帰結しがちとなる。

読みながら、これは自分と家族の今後についてためになる本だと確信した。それと同時に、精神科領域における支援者として活かせるヒントに満ちていると感じた。まだ具体的な言葉にはできないが、支援する際に活用できる「考えの種」をこころにまいたような気がする。

支援のヒントを探し続けるすべての支援者にとって、大いにためになる本だろう。

2018年9月20日

「発達障害」の人からみた外界と、彼らの内界を巧みに小説化 『夜中に犬に起こった奇妙な事件』


いわゆる「発達障害」、それもおそらく前に高機能とつくタイプの少年(高校生くらいか?)が主人公。彼の視点からみた外界の描写は興味深く、また彼の内界の描写が突然に(多くの読者にはそう感じるだろう)挿入されるのも、決して読みやすくはないが、こういう特性を持った人たちの感覚を追体験するようで面白い(現実には感覚の個人差が大きいだろうが)。

発達障害の人の家族、支援者が読むと、彼らへの支援のヒントが得られるのではなかろうか。もちろん、小説としてもそれなりに面白いものである。たいていの小説は読みながら主人公に感情移入するものだが、本書ではおそらくほとんどの人が主人公のクリストファーには感情移入しないし、できない。頑張ればできるかもしれないが、簡単ではない。これがまさに発達障害の人をとりまく現実であろう。そのあたりを、とても上手く計算して構成しているように感じた。

2018年9月18日

リンカーン・ライム・シリーズの9作目は電気が凶器だ! 『バーニング・ワイヤー』


脊髄損傷を負ってしまった犯罪科学者リンカーン・ライムのシリーズ第9弾。凶器は電気。

電気って怖いなぁ、なんてチープな感想を抱きつつ読んだ。これまでの作品が名作揃いだっただけに、ちょっとパワー不足を感じたことは否めないが、それでも決してハズレではなかった。

著者のディーバーは弁護士でもあるからか、どの作品にも社会問題が絡めてある。今回は日本でも話題の電力問題についてで、「自然派」の人たちへのちょっと皮肉のきいたセリフなどもあり面白かった。

2018年9月14日

絶望に寄り添うのは、絶望 『絶望名人カフカの人生論』


カフカのネガティブさに何度も吹き出してしまった。幸運にも、俺はまだ「絶望」というほどのものを体験したことがない。あるいは、もしかすると体験したけれど忘れているだけなのかもしれないが、いずれにしろ幸せなことである。

さて、カフカのネガティブさの中でも、俺のお気に入りはこれ。
将来に向かって歩くことは、ぼくにはできません。
将来に向かってつまずくこと、これはできます。
いちばんうまくできるのは、倒れたままでいることです。
しかもこれ、ラブレターの一節だというから驚きだ。

本書は、そんなネガティブ人間カフカの絶望名言を集めたもの。シンプルで読みやすく、ちょっと肩の力が抜ける感じがして良かった。

ちなみに、著者の頭木弘樹氏はツイッターもされている。
→ @kafka_kashiragi