2017年11月17日

精神科診療における日記の効用

あるコーチングの本によると、思考は話し言葉より40倍から80倍の速さで流れるらしい。だから、言語化しない思考は高速で過ぎ去ってしまい、頭には残らない。

診察室で「ゴチャゴチャ考えすぎてしまう」と訴える人は多いが、その「ゴチャゴチャ」に具体性のあることは少ない。言語化していないので、悩みの中身はただただ流れ去り、「いっぱい悩んだ」という形跡だけが残っているのだ。

精神療法やカウンセリングの効用の一つは、この「ゴチャゴチャ」を言語化することだ。というより、言語化できた時点で問題の大半が解決するようなケースさえ珍しくないのではなかろうか。

さて、精神科やカウンセリングで「日記を書く」ことを勧められた人がいるかもしれない。この日記は、主治医が読んで分析するためというより、頭の中の「ゴチャゴチャ」を言語化するトレーニングという意味が大きいだろう。

「ゴチャゴチャ」「グルグル」「モヤモヤ」「あれこれ」「なんだかんだ」

これらは患者が「いっぱい悩んでいる」ことを伝えるために用いることの多い表現だが、診察室ではそれらを具体的な言葉にしてもらうよう促す。また、日記などを通じて日常でもそういう訓練をしてもらう。(※)

このように、精神科診療やカウンセリングにおける日記は「自分の思考を言葉にするため」である。決して、主治医やカウンセラーを喜ばせるためではない。だから「一生懸命書いたのにサラッとしか読まれなかった」という愚痴がこぼれるうちは、日記の役割が正しく認識されていない。

ただし、そうやって「愚痴を言語化できた」ことはすごく良いことである。日記に目を通す主治医やカウンセラーの様子を見て「イヤーな気持ち」になるだけでなく、「何がイヤー」だったのかを言葉にしてみる。「なんとなくイヤー」で済ませない。

そうこうするうちに、「ゴチャゴチャ」「グルグル」「モヤモヤ」「あれこれ」「なんだかんだ」と、大雑把で適当で安易に表現してきた「頭の中の悩みごと」を、もう少し具体的な言葉にできるようになるかもしれない。そうして、
「自分はこれで悩んでいたのか」
という気づきにつながれば良い。

例えるなら、「ゴチャゴチャ」「グルグル」「モヤモヤ」「あれこれ」「なんだかんだ」という「頭の中の悩みごと」は、夜道を独りで歩いているときの暗がりや正体不明の音みたいなものである。ライトを当てたり音の正体を確かめたりするだけで、「なぁんだ」と楽になることも多い。

自分の診療で患者に日記を勧めたことは数回しかない。そして、実際に書いてきた人は一人もいない。精神科やカウンセリングに対して、ファストフード的でお手軽な癒しを求めている人には不向きな方法ではあるだろう。精神科やカウンセリングでは、敢えて今風に言えば、「鉄腕ダッシュのTOKIOみたいに基礎からコツコツやる」と思ってもらうほうが良い。

ここまで、頭の中の「ゴチャゴチャ」を言葉にすることの効用を書いてきた。診療における日記については、俺自身が効用をきちんと伝え切れていなかったことも大いに反省すべきところである。こうやって書いている自分自身が、このように文章にしたことで、日記の効用をもう少しうまく患者に伝えられるようになったのではないか、という気になっている。


※この点においては、ツイッターやブログでわりと具体的なグチを書いている人は、悩みかたとしてかなり洗練されていると思う。みなさん、文章化しましょう。

2017年11月16日

バランスのとれたSFを書く小川一水による短編集 『妙なる技の乙女たち』

学生時代、ケーブルテレビで放送されていた『スタートレック』を欠かさず観ていた。ある日、友人に勧めたところ、「子どもだましのSFはちょっと……」という反応だったので、その魅力を伝えるために熱弁をふるった。ところが実は、俺自身も初めてスタートレックを観るまでは、この友人と同じように考えていて、まったく興味を持っていなかったのだ。ある日たまたま観てみると、登場人物が魅力的で、毎回のテーマもしっかりしており、単なる宇宙冒険ドラマではないことに気づいてしまった。

SF小説も同じで、単なる空想科学小説を面白いとは思えない。あくまでも空想科学を舞台にして、人間を描きながらテーマを提示するようなものであって欲しいし、もちろん読みやすさも大切だ。

そして、舞台設定の上手さ、人物描写の巧みさ、読みやすさが三拍子そろっているのが小川一水。俺と同じ1975年生まれということもあって、密かに応援している作家でもある。

小川一水を初めて読んだのは『老ヴォールの惑星』という短編集だったが、その中の一つ『漂った男』には鳥肌がたった。SF食わず嫌いの人には、何はともあれこの短編だけでも良いから読んでみて欲しい。こんなんアリかよ、という面白さである。


さて本書であるが、全8話が収められている。舞台は今より少し未来で、宇宙エレベーターが完成した時代。それぞれタイトル通り若い女性が主人公だ。第一話『天上のデザイナー』がやや軽いタッチの話だったので、読み終えるかどうか悩んだ。というのも、俺のイチオシSF作家ではあるが、すべてを手放し大絶賛というわけではなく、過去に読んだラノベで途中リタイアしたこともあるからだ。

幸いにも第2話からは雰囲気が少し変わって、結果としては全部読んで「面白かった!」と言えるものであった。

2017年11月15日

初診時に労う

うつ病でも、統合失調症でも、その他の病気でも、初診時に本人や家族を労う。

「ここまでよく独りで耐えましたね」
「皆さんの支えがなかったら、きっと今より大変だったでしょう」

数秒で済む簡単な一言が、数十年に渡る治療を決定づけることもある。

その逆に……。

「なんでこんなになるまで放っといたの!?」
なんて無神経な言葉を投げつける医師も、残念ながらいる。

言われた家族はショックだし、「こんな」と言われてしまった患者は辛い。

こういうトラブルメーカーが、フリー医師として全国の病院を巡っている。当院にも過去にいて、それ以来、フリーの精神科医を非常に警戒している。

2017年11月14日

『リスカ』『OD』という言葉

診察室に来た女子中学生から、「リスカ」「OD」という言葉を聞いた時にはビックリした。その時に、こういう、ともすれば手軽でファッショナブルな響きさえある言葉が広まるのは危険だなと感じた。彼女にどこでそういう言葉を知ったのかと尋ねたら、「ネットで」ということだった。

こうした中高生にとってのネットは、パソコンではなくスマホである。夜遅くまでベッドの中でスマホをいじっているのだ。当然、不眠につながるし、朝どうしても起きられない。これが不登校のキッカケにもなる。

これらはネットの功罪のうち、罪にあたるだろう。

2017年11月13日

それでも飲むなら飲めば良い! 『酔うと化け物になる父がつらい』


本当に良い本だった。

この本に出てくる「父」は、いわゆる「酒乱」ではない。いつも飲み仲間と楽しく飲んでいる。だから酒席に誘われることも多い。家族への暴言や暴力もない。中小企業の社長として、それなりにきちんと仕事もしている。外から見れば、「酒飲みの良いオヤジ」である。

しかし、それでも。

酒が、家族を苦しめている。

「自分は楽しく飲んでいるから大丈夫」
「たまに二日酔いになるけど、仕事に支障はないからOK」
「酔っても家族に暴言暴力を向けることはない」
「つまり自分は愉快な酒飲みなのだ」
と思っている人でも、一度はこの本を読んでみて欲しい。きっと少しだけ酒に対する見方が変わるはず。

そのうえで、好きで飲む人は飲み続けたら良い。

俺はこの酒飲み世界から「イチ抜けたー!」である。