2012年8月9日

時砂の王

時砂の王
『タイム・リープ―あしたはきのう』や『アイの物語』を読んで、SFもなかなか面白いじゃないかと検索していて見つけた本で、評判が非常に良かったので買ってみた。

結果としては、大正解。

最後は鳥肌と、それから思わず涙までこぼれそうな展開で、読後感も良いし、もっと有名になっても良さそうな本だと思う。難点を挙げれば、主舞台である邪馬台国での官職名や人名、地名が読みにくい、覚えにくいということか。

SF、それもタイムトラベルものが好きな人にお勧め。

0 件のコメント:

コメントを投稿