2012年9月4日

陽気なギャングが地球を回す

陽気なギャングが地球を回す
期待以上ではなかった。というより、期待をやや下回った。伊坂幸太郎の文章やセリフまわしのセンスは好きなのだが、本書はそれが多用されすぎた感があり、こうも連続的に続くとちょっとげんなりしてしまう。内容的にも、ちょっとオチが読めてしまう展開で物足りなかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿