2012年10月24日

ルポ 児童虐待

ルポ 児童虐待
ちょっと前までは、虐待のニュースを見るたびに、 「なんだこのバカな鬼親と周りの無能どもは」なんて思っいたのだが、実際にはそんなに底は浅くない。 当たり前だが、いろいろなケースがある。 どうやったら虐待を減らせるか、またどのように子どもや親をサポートしていくか、他人事ではなく考えておかないといけない。精神科医としても、親としても。

虐待関係の本は何冊か読んだけれど、この本は虐待する親の苦悩という部分にも目を向けていて、親となった今の俺には胸に響く本だった。

<関連>
「愛されたい」を拒絶される子どもたち―虐待ケアへの挑戦
殺さないで―児童虐待という犯罪
「自己責任」の使い方に絶句した話
オッパイとドパミンと産後うつ

0 件のコメント:

コメントを投稿

返事が遅くてすいません。