2013年2月14日

知的障害者をダーツの的に……

知的障害者をダーツの的の前に座らせ、千枚通しを投げ付けたという男が逮捕された。この加害者に対して怒りを感じている人の中にも、たとえば精神障害者が重大犯罪を起こした場合には、
「精神障害者は強制的に入院させるべき」
と……、実際にはもっと直接的に、
「キチガイは檻に入れておけ」
なんて言う人が、いや実際に口に出したり書いたりしないまでも、心の中でそう思う人が少なからずいるだろう。

そして、その感覚は、この加害者と根っこの部分でつながっている。

考えることは自由だし、思うだけでは罪にならないし、言いたいことは言って良い。それを、実際に暴行をした加害者なんかと一緒にするな、と怒られるかもしれないので、一応書いておく。

仰るとおり、確かに同一ではない。

同類なのだ。
ダーツ的前に障害者、千枚通し投げた施設元次長
知的障害者をダーツの的の前に座らせ、千枚通しを投げ付けたとして、福岡県警小郡署は13日、同県小郡市三沢の障害者就労支援施設「ひまわり」の元支援次長坂本静治容疑者(48)(小郡市小郡)を暴行容疑で逮捕した。
調べに対し、容疑を否認しているという。同署は、坂本容疑者が日常的に施設利用者を虐待していた可能性もあるとみて調べている。
発表によると、坂本容疑者は昨年5月、施設の作業場で、知的障害がある男性通所者(56)を壁際の椅子に座らせ、ダーツの的を描いた段ボールを頭上約30センチの壁に掛け、約3メートル離れた場所から千枚通しを投げた疑い。男性には当たらず、けがはなかった。
県障害者福祉課によると、昨年10月、福岡法務局から虐待の情報提供を受け、立ち入り調査を実施。今回の男性を含め、施設を利用する男性4人が2010年夏頃から、坂本容疑者から、暴行を受けたり、エアガンで撃たれたりしていたことが判明した。県は今年1月、施設を運営する同県小郡市のNPO法人「リブロ」(坂本勉理事長)に改善勧告。坂本容疑者は2月10日付で、懲戒解雇されたという。
(2013年2月13日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130213-OYT1T01151.htm?from=ylist

0 件のコメント:

コメントを投稿