2014年9月18日

ホワイトアウト

ホワイトアウト

1996年の吉川英治文学新人賞を受賞した小説。なぜか今さら読んだ。

内容は面白かったが、ダムの構造について知識がないので、何がどうなっているのかいまいち分からない部分もけっこうあった。

0 件のコメント:

コメントを投稿