2015年2月27日

代替医療解剖‏


主に鍼治療、ホメオパシー、カイロプラクティック、ハーブ療法について書かれている。それぞれの分野に従事する人、あるいは信奉する人にすれば痛いことが書かれているので、反感・反論もあるだろう。本としては、検証、検証、また検証の積み重ねで、ちょっと退屈になる時もあるが、全体としては非常に面白かった。

医療者も、医療ユーザーも読んでおいて損はない一冊。

0 件のコメント:

コメントを投稿

返事が遅くてすいません。