2017年4月25日

良くも悪くも、現代風でライトな新選組小説 『夢の燈影』


新選組の中でもマイナーな人たちを題材にした短編集。Amazonの内容紹介では「無名の隊士たち」と記載されているが、新選組関係の本を何冊か読んだ後では、井上源三郎や観察方の「山崎丞」は充分に有名な気もする……。いや、それまでまったく知らなかったのだから、やはり「無名」か?

それはともかくとして、内容は非常に現代風である。文章、文体が軽いという意味ではなく、隊員たちの感覚、特に「友」「親友」という言葉が出たところに、現代風な印象を受けた。司馬遼太郎は新選組の小説で「この時代には友情という言葉や感覚はない。友情に近い感情はあったが、それは言うなれば義兄弟といった類いのものであった」というようなことを書いていた。これが頭にあったから、本文中の「友情」にいまいち馴染めなかった。もちろん、司馬遼太郎が絶対に正しいというわけではないのだが。

作者の小松エメルは、主にラノベ(?)を書いている人のようで、読みやすさという点ではさすがであった。その代償として、新選組小説を読む人が期待するような悲哀や悲壮、緊張感や重圧感といったものはいくぶん犠牲になっているように感じた。

0 件のコメント:

コメントを投稿