2011年12月9日

冷え性に関する持論

・手足が冷えるからといって、手足を温めても意味がない
なんで読んだのか忘れたが、人間の体では主に肝臓と骨格筋で熱を産生する。肝臓で産生された熱は、血液に乗って全身を駆け巡ることになる。寒くなると、人体は生命維持に必要な部分へ血液と熱を優先して送る。そのため、手や足などの末梢へは血液があまり行かなくなる。それが冷え性。


・じゃ、どこを温めたらいいの?
ずばり、体幹部。内臓を温めてあげれば、血液は末梢にも送られるようになる。血液に乗って、熱も末梢へ伝わっていく。ホッカイロを手に持って手のひらを温めるより、お腹を温めるほうが冷え性には効果的。


以上、持論なのでご利用は自己責任で。

0 件のコメント:

コメントを投稿