2011年12月4日

寿司屋の説教

へい、いらっしゃい!
おぅ、お客さん、久しぶりですねぇ。入社祝い以来ですかね? どうしたんですか、不景気な顔して~。え? 上司になじられた? そりゃまた辛いですねぇ。で、なんて言われたんでぇ? ははぁ、養殖ハマチですかぁ。お坊ちゃん育ちだから養殖ハマチですか~。その上司さんは、うまい事言いますねぇ。え、いやいや、例えが上手ってことですよ。別に、ニイさんがお坊ちゃん育ちってことに賛成してるわけじゃねぇんでさ。じゃあ、とりあえず座って座って。

まぁ、これ食べ比べてごらんなせぇ。え? これ? 養殖ハマチと天然ハマチですよ。どっちが旨いですか? ははぁ、やっぱり天然が旨いですか。でもね、お客さん、その天然モノ、もとは養殖ハマチだったんですよ。養殖ハマチが逃げ出して、外洋でしばらく泳いでたものですよ。えぇ、期間はどれくらいでしょうねぇ、さすがに寿司屋でもそこまでは分かりませんけど、この天然ハマチが根っからの天然じゃなくて、もとは養殖だったってことだけは分かりまさぁ。で、こっちの養殖ハマチの方はね、もとは天然だったんですよ。何を血迷ったか、はたまた楽して生きる方を選んだのか、養殖場に紛れ込んできたみたいでね。寿司屋も長くやるとね、それ位のことは魚の身を見りゃ分かるんですよ。外洋に飛び出して、傷つきながらも必死に泳ぐことを選んだハマチと、楽して生きる方を選んだハマチとじゃぁ、味がそんなにも違うもんなんですよ。

お客さんはねぇ、確かに働き出すまでは養殖ハマチだったかもしれません。で、社会っていう外洋に飛び出してまだ間もないから、きっと養殖の名残があるんでしょうよ。でもね、これからなんですよ。旨くなるのは。ささ、元気出して。今日のお代はちょっとだけ安くしときますから。お、元気出ましたか? やる気が出てきた? 天然モノになってやる? そうです、そうです、その意気です。帰ってゆっくり寝て、明日からまた一生懸命泳いでごらんなさい。はい、お勘定ね。ありがとうございました!

あ、お客さんねぇ、帰る前にもう一つだけ良いですかい? 上司さんの言った養殖ハマチって言葉ねぇ、多分単なる悪口じゃないと思いますよぉ。上司さんなりに、お客さんにかける想いってのがあるような気がしてならないんでねぇ。え? 何でそんな風に思うかって? ハマチはね、成長してブリになるんですよ。

そんでもってね、そういう魚を、出世魚、って言うんですよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿