2012年4月1日

ファイナル・デッド・ブリッジ

『ファイナル・デスティネーション』シリーズの第5弾。

このシリーズの基本は、主人公が大事故に巻き込まれて周りの友人らと一緒に死ぬ、ってところで白昼夢から目覚める。そして、なんだか嫌な予感がして、例えば1作目では飛行機に乗らなかったり、2作目では高速道路に入らなかったりと回避行動をとることで一旦は助かる。しかし、死は夢で見た順番通りにきちんと各自に訪れる、というもの。

毎回、いろいろなパターンの死が用意されている。観ていると、「あ、あぶない!」と思うシーンが満載で、でも意外なことが原因で死んじゃう。無残な死に様は相変わらずなんだけれど、だんだんと映像的にチープになってきている感は否めない。第2作の高速道路のシーンなんて、かなり迫力があったんだけどなぁ。

現実に起こっている悲惨な事故は、もしかしたら、ではなくて、きっと、こういう小さな偶然の積み重ねで起きているのだろうと思うと、自分がどんなに注意してもダメなものはダメなんじゃないかという気になってしまう。

0 件のコメント:

コメントを投稿