2012年5月31日

きちんと謝りましょう

日本テレビ:女性占師が出演かのようなテロップで謝罪
毎日新聞 2012年05月30日

日本テレビは4日に放送したバラエティー番組「芸能★BANG+」特別版で、お笑いコンビ「オセロ」の中島知子さんと同居していた女性占師が出演するかのようなテロップを流したとして同局の公式サイト内で謝罪していたことが30日、分かった。

日テレによると、番組では「オセロ中島騒動 同居占い師 まもなくスタジオ登場」などとテロップで表示。だが、実際は女性占師の知人である別の占師が登場。視聴者から批判が寄せられていた。同局は7日から19日にかけ「一部誤解を招きかねない表現があったことをお詫(わ)びします」と公式サイトで謝罪した。

放送倫理・番組向上機構(BPO)にも放送直後から批判する意見が多数寄せられていたといい、6月8日の放送倫理検証委員会で討議する予定。
http://mainichi.jp/select/news/20120530k0000e040220000c.html
どうでも良いようなテレビネタなのだが、どうしても気になったので書いておく。このテロップ、「誤解を招きかねない表現」ではなく、明らかに虚偽である。「オセロ中島騒動 同居占い師 まもなくスタジオ登場」という文章を素直に読んで、同居占い師ではない別人が出演すると考える人はいないだろう。

だが、今回の謝罪は、「視聴者に誤解させてしまったこと」に対してお詫びする内容であって、嘘をついたことに対する謝罪ではない。「嘘をついた」ことは認めない、という姿勢だ。あくまでも、テロップを読んだ「視聴者が誤解した」というスタンス。ならば、日本テレビは、このテロップをどういうふうに「正しく」解釈すれば「同居占い師ではなく別人が出演する」と受け取れるのか、自分たちはどういう意図をもってこのテロップを制作したのか、それを説明しなければならない。

お詫び、謝罪に反省の色がまったく見られない。これは繰り返すだろうな。

2 件のコメント:

  1. 「オセロ中島騒動 同居占い師 まもなくスタジオ登場」という表現は、彼らの言い分では嘘ではないようなのです。
    というのも、女性占師の知人である別の占師・・・と言うのが、以前女性占師と同居していたことがあるらしいのです。

    「オセロ中島騒動(の渦中の占い師と過去に)同居(の)占い師(が)まもなくスタジオ登場」

    ということですね。

    あえてそういうミスリードを誘った上に逃げ道を用意しての「故意」の表現だったらしいですね。
    なので、「視聴者に誤解させてしまった」という表現なのだそうです。

    ・・・こんな詭弁、許されていいのですかね?

    返信削除
    返信
    1. >yamagashiさん
      それ、凄いですよね。ミスリードどころの話では済みませんよ。そのカッコの使い方が許されるのなら、「この後、総理の隠し子が生出演!」だって、総理(の側近だった人)の(兄の)隠し子が生出演とかなんとか、何でもやりたい放題じゃないですか……。

      削除