2014年12月3日

コットの意味は?

ある日、看護師からの指示伺いで「コットが3日ありません、下剤の処方をお願いします」というのがあった。文脈でコットは大便のことだろうと分かったのだが、大便のことをコットというのを初めて聞いたので驚いた。

他の看護師を何人かつかまえて、
「コットって何のことか知ってます?」
と尋ねたら、みんな当たり前のような顔をして、
「便でしょ」
と言う。

医学部の学生時代に、
「何の略か知らずに略語を使うな。元の言葉を知らずに外来語を使うな」
という指導があったので、こういう時はまず調べる。すると、ドイツ語「kot」のことだった。

医師の使う言葉も英語・ドイツ語・日本語のチャンポンだが、看護師も似たようなものらしい。

4 件のコメント:

  1. コートではなくて、コットが正しい発音ですか?

    返信削除
    返信
    1. >匿名2014年12月4日 14:47さん
      調べたところ、正式(?)な発音は「コート」みたいですね。看護師さんの卒業した学校、実習した病院によって、コットとコートに分かれるのかもしれませんね。

      削除
    2. いちは先生、お返事ありがとうございました。
      10年病棟を離れていると、言い方が変わっていることがあるので質問してしまいました。多分、コートが主流だと思います。
      ちなみに、SpO2を、SATと今の職場では言います。慣れませんが…
      介護施設ナースより

      削除
    3. >匿名2014年12月5日 19:54さん
      主流はコートなんですねぇ。
      コートもコットも聞いたことのない若手看護師もいました。

      それからSATは初めて聞きました。
      個人的には看護師さんが、「サーチュレーション」と「サー」を伸ばすのに未だ慣れきれません^_^;

      削除